涌井秀章と高橋光成が好投! 両軍譲らぬ展開で楽天対埼玉西武は引き分けに

2021.4.23(金) 22:10 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月23日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と埼玉西武の第4回戦は、両チーム譲らない接戦の末、2対2の引き分けに終わった。
 
 楽天の先発・涌井秀章投手は初回から走者を出しながらも落ち着いた投球を見せる。4回表には2死から連打を浴び、この日初めて3塁に走者を許したが、後続を三振で仕留めて切り抜けた。一方の埼玉西武の先発・高橋光成投手は3者凡退の立ち上がりから、3回まで無失点の好投を見せる。

 楽天打線は4回裏、ディクソン選手が「上手く反応できたね。完璧だったヨ」という自身も納得の来日第1号ソロを放ち、先制に成功する。6回表、スパンジェンバーグ選手の適時打により同点とされ、再度リードしたい6回裏には、無死から小深田大翔選手が今季第1号のソロ本塁打を放ち、スコアを2対1とした。

 しかし今季、対楽天戦で未だ勝利を挙げられていない埼玉西武打線も黙っていない。8回表、この回先頭の4番・栗山巧選手が安打などで、2死1、2塁と好機を作る。この場面で代打の中村剛也選手が打席に立つと、レフトへの適時打を放ち、試合を再び振り出しに戻した。
 
 その後は両軍の救援陣が好投を見せる。8回表途中から登板した宋家豪投手が同点にとどめると、8回裏には平良海馬投手が四球で走者を出しながらも無失点でつなぐ。続く9回表は松井裕樹投手、9回裏は増田達至投手の守護神がそれぞれ3者凡退に抑え、引き分けで試合終了。

 楽天は、先発・涌井投手が7.2回119球8安打6奪三振4四死球2失点。緩急を使った投球で、試合を作った。打線は、ディクソン選手が来日初本塁打が生まれるも、ソロ本塁打の2点のみにとどまり追撃ならず。一方の埼玉西武は、高橋光成投手が7回132球5安打7奪三振2四球2失点の好調がうかがえる投球を見せた。打線は終盤に同点としたが、あと一本が出なかった。

  123456789 計
西 000001010 2
楽 000101000 2

西 高橋光成-平良海馬-増田達至
楽 涌井秀章-宋家豪-松井裕樹

文・鈴木優菜

関連リンク

4/23 ファイターズ対バファローズ結果
4/23 マリーンズ対ホークス結果
【ファーム】4/23 イーグルス対スワローズ結果
【ファーム】4/23 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/23 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/23 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM