T-岡田が殊勲の同点打! 杉本裕太郎がサヨナラ打を放ったオリックスが今季初の3連勝

2021.4.22(木) 22:04 パ・リーグ インサイト
オリックスバファローズ・T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックスバファローズ・T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月22日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第6回戦は、7対6でオリックスがサヨナラ勝ち。最終回に3点差をひっくり返す劇的勝利で、今カード3連勝を飾った。

 オリックスの先発は増井浩俊投手。2回表までパーフェクトに抑える上々の立ち上がりを見せたが3回表、金子侑司選手に先制の適時二塁打を浴びる。その後バッテリーエラーも絡み、2点の先制を許した。4回表にも適時打を浴び1点を失うが、5回表と6回表は無失点に抑え、6回7安打4奪三振1四球3失点の粘投でマウンドを降りる。

 増井投手の投球に応えたい打線は2点ビハインドで迎えた5回裏、T-岡田選手の適時打で1点差に迫ると、6回裏には頓宮裕真選手の3号ソロで同点に追い付く。打線も粘り強く埼玉西武の投手陣に食らい付き、3対3で試合は終盤へ。しかし、8回表に3番手・能見篤史投手がピンチを招くと、後を継いだ比嘉幹貴投手が愛斗選手に走者一掃の適時二塁打を浴び、3点を勝ち越される。

 3点ビハインドで迎えた9回裏だったが、今カード2連勝中と勢いに乗るオリックスベンチは誰一人として勝負を諦めていなかった。先頭の宗佑磨選手、2番・吉田正尚選手が連続安打で出塁するなど好機を作る。また相手の守備の乱れも絡み、2死満塁と一打同点の場面を演出。

 ここで打席に立つのは得点圏打率5割を超えるT-岡田選手だ。埼玉西武の守護神・増田達至投手に対してカウント2-2からの7球目を捉えると、打球はフェンスを直撃する適時三塁打となり土壇場で同点に追い付く。なおも2死3塁の場面で、杉本裕太郎選手が打席へ。フルカウントからの7球目をしぶとく転がすと、打球は三遊間を抜けるサヨナラ適時打となった。

 勝利したオリックスは最終回に劇的サヨナラを決め、今季初の3連勝を飾った。9回表を5球で締めた漆原大晟投手に勝ち星がついている。一方敗れた埼玉西武は、守護神・増田達至投手がまさかの乱調。最終回には勝利目前での野選など細かいミスも重くのしかかり、今カード3連敗を喫した。

文・小野寺穂高
 
  123456789 計
西 002100030 6
オ 001011004X 7X

西 増井浩俊-富山凌雅-能見篤史-比嘉幹貴-○漆原大晟
オ 伊藤翔-佐野泰雄-宮川哲-松本航-ギャレット-●増田達至

文・小野寺穂高

関連リンク

4/22 マリーンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/22 イーグルス対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM