宗佑磨が1番起用に応える決勝弾! 山本由伸も8回2失点のオリックスが2連勝

2021.4.21(水) 20:50 パ・リーグ インサイト
オリックスバファローズ・宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックスバファローズ・宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月21日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第5回戦は、4対2でオリックスが勝利した。

 先制したのはオリックス。3回裏、2番・吉田正尚選手がバックスクリーンに2試合連発となる4号ソロを放ち、埼玉西武・今井達也投手から1点を先取する。

 先発の山本由伸投手は、立ち上がりから走者を背負いながらも、5回表まで無失点に抑える。しかし1点リードの6回表、源田壮亮選手、森友哉選手に連打を浴び、無死2、3塁のピンチを招くと、4番・中村剛也選手に同点の適時打を浴びる。なおも続く栗山巧選手の併殺打の間に逆転を許した。

 追いかける展開となったオリックスだが、6回裏にすぐさま反撃。3番・中川圭太選手が安打を放つと、5番・ジョーンズ選手に適時二塁打が飛び出し、2対2の同点に。続く7回表を山本投手が3者凡退で抑え、流れを引き寄せる。すると7回裏に1番・宗佑磨選手が値千金の1号2ランを放ち、4対2と勝ち越しに成功。

 山本投手は8回表も3者凡退で切って取ると、ここで降板。8回までで121球を投じ、8安打4奪三振無四球2失点と粘りの投球を見せた。そして最終9回表は、ヒギンス投手がわずか4球で締めて、試合終了。

 勝利したオリックスは、先発・山本投手が今季3勝目をマーク。打っては宗選手が決勝弾を含む2安打2打点で1番起用に応えた。一方敗れた埼玉西武は、先発・今井投手が7回7安打4奪三振2四球4失点の内容で今季2敗目。打線はオリックスの7安打を上回る8安打を放つも、チャンスを活かしきれなかった。

  123456789 計
西 000002000 2
オ 00100120X 4

西 ●今井達也-宮川哲
オ ○山本由伸-Sヒギンス

文・岩井惇

関連リンク

4/21 マリーンズ対ファイターズ結果
4/21 ホークス対イーグルス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM