中村晃が最終回に同点の2ラン! 両先発が好投した獅子と鷹の一戦は引き分け

2021.4.18(日) 16:28 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・中村晃選手【撮影:菊地綾子】
福岡ソフトバンクホークス・中村晃選手【撮影:菊地綾子】

 4月18日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第6回戦は、4対4で引き分け。両先発の好投で始まった試合は最終回に中村晃選手の同点弾が生まれ、カード対戦成績1勝1敗1分のタイで終わった。

 福岡ソフトバンクは1回表、埼玉西武の先発・平井克典投手から4番・栗原陵矢選手の適時打で1点を先制する。しかし直後の1回裏、埼玉西武も福岡ソフトバンクの先発・松本裕樹投手に対し無死2塁とすると、2番・源田壮亮選手に適時二塁打が生まれ同点に追い付く。さらに3番・森友哉選手の安打などで1死1、3塁と好機を拡大し、5番・呉念庭選手の犠飛で1点を勝ち越した。

 初回に試合が動いたものの、2回以降は両先発ともに走者を許しながら粘りの投球を見せ、5回までスコアは2対1。なんとか得点したい福岡ソフトバンクは、6回表に周東佑京選手、柳田悠岐選手の連打で無死1、3塁として暴投で同点に追い付く。

 埼玉西武は同点とされるも、7回裏に先頭のブランドン選手の安打などで1死2塁のチャンスをつかむ。ここで打席に入った山田遥楓選手は初球を捉えると、打球はライト線を破る適時二塁打に。さらに若林楽人選手にも適時二塁打が生まれ、2点の勝ち越しに成功する。

 4対2で迎えた9回表、埼玉西武は増田達至投手がマウンドへ。しかし、ここで福岡ソフトバンクは先頭のデスパイネ選手が四球で出塁すると、中村晃選手に1号2ランが生まれ同点とする。最終回に貴重な一発で試合を振り出しに戻し、9回裏は一時離脱していた守護神・森唯斗投手が登板。3者凡退で抑え、4対4で試合は引き分けに終わった。

 埼玉西武は、先発・平井投手が白星ならずも粘り強く6回2失点の好投。打線は若林選手が2安打1盗塁、山田選手は一時勝ち越し打など若獅子たちが躍動したが、増田投手がまさかの被弾で眼前の勝利を逃した。一方の福岡ソフトバンクは先発・松本投手が5回5安打2失点。柳田選手が4打数4安打と大当たりも、中軸以降になかなか安打が出ず。しかし、2点ビハインドの最終回に中村晃選手の同点弾が生まれ、引き分けに持ち込んだ。

  123456789 計
ソ 100001002 4
西 200000200 4

ソ 松本裕樹-津森宥紀-嘉弥真新也-泉圭輔-森唯斗
西 平井克典-ギャレット-平良海馬-増田達至

文・丹羽海凪

関連リンク

4/18 ファイターズ対イーグルス結果
4/18 バファローズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/18 ライオンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM