【ファーム】柳町達の勝ち越し打で鷹が鯉に3連勝。リチャードは5号2ランをマーク

2021.4.11(日) 17:24 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・柳町達選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳町達選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月11日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のイースタン・リーグ公式戦第6回戦は、4対3で福岡ソフトバンクが勝利。僅差の試合を制し、同一カード3連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクの先発は尾形崇斗投手。初回を3者凡退に抑えると、2回以降は要所を締めて3回まで無失点投球を披露。4回表に木下元秀選手の適時打で1点を失ったが、続く1死1、3塁のピンチは後続を打ち取って追加点は許さない。結果的には5回6安打2四球3奪三振1失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の鷹打線は1回裏、2死から3番・上林誠知選手が安打で出ると、続くリチャード選手が5号2ランを放ち、2点を先行。1点を返された直後の4回裏には、三森大貴選手の適時打で1点を追加し、3対1の福岡ソフトバンクリードで試合は折り返した。

 6回表のマウンドには椎野新投手を送ったが、四球と安打で2死1、2塁から中村奨成選手に2点適時二塁打を許し、試合は振り出しに。7回表は3番手・川原弘之投手が先頭に四球を与えながらも無失点で抑えた。

 再び勝ち越したい打線は7回裏、2死からリチャード選手、九鬼隆平選手の連打で1、3塁とし、柳町達選手の適時内野安打で勝ち越しに成功。以降は8回表を田中正義投手が3者凡退、9回表は大関友久投手、奥村政稔投手の小刻みな継投でつなぎ、試合終了。打線では三森選手、リチャード選手が2安打を放った。

  123456789 計
広 000102000 3
ソ 20010010X 4

広 岡田明丈-●中崎翔太-一岡竜司
ソ 尾形崇斗-椎野新-○川原弘之-田中正義-大関友久-S奥村政稔

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/11 イーグルス対ホークス結果
4/11 マリーンズ対ライオンズ結果
4/11 バファローズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/11 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】4/11 マリーンズ対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM