辰己涼介が1本塁打3打点と躍動。則本昂大も好投した楽天が4カード連続の勝ち越し

2021.4.7(水) 21:50 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・辰己涼介選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・辰己涼介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月7日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天の第2回戦は、6対3で楽天が勝利した。楽天は先発・則本投手が7回2失点の好投で連勝を飾り、開幕から4カード連続の勝ち越しを決めた。

 試合は序盤からスコアが動いた。楽天は1回表、辰己涼介選手小深田大翔選手が四球を選び1死1、3塁の好機を得ると、4番・浅村栄斗選手がライト前に適時打を放ち1点の先制に成功する。さらに3回表にも辰己選手に3号ソロが飛び出し1点を追加。楽天が前日に続き先制し、2点を先行した。

 打線は5回表にも2死2塁の場面から横尾俊建選手に適時二塁打が生まれ、リードを3点に広げる。初回から援護をもらった則本昂大投手は、力のある直球と多彩な変化球を低めに集め、4回まで3安打無失点と好投。しかし5回裏、若林楽人選手に1号ソロを浴びると、山野辺翔選手にも適時打を許し、1点差で試合を折り返した。
 
 試合を決めたい打線は7回表、横尾選手の安打と太田光選手の四球で2死1、2塁の好機を作ると、辰己選手が適時三塁打を放ち2点を追加。8回表にも島内宏明選手に2試合連続の2号ソロが生まれる。終盤に4点差を付け、埼玉西武を突き放した。

 則本投手は、6回以降は再び安定した投球を取り戻し、7回7安打4奪三振2失点の内容でリリーフ陣に後を託した。8回裏は宋家豪投手が走者を背負いながらも無失点で切り抜ると、9回裏は牧田和久投手が登板し、山野辺選手の犠飛で1点を失うも後続を打ち取り試合終了。楽天が6対3で勝利し、開幕から4カード連続の勝ち越しを決めた。

 一方で敗れた埼玉西武は、先発の今井達也投手が初回から制球定まらず、5回5安打2奪三振6四死球3失点と課題が残る投球内容だった。打線はドラフト4位ルーキー・若林選手がプロ初本塁打含む3安打の活躍を見せるも、好機であと一本が出ず。今季初の連敗を喫した。

  123456789 計
楽 101010210 6
西 000020001 3

楽 ○則本昂大‐宋家豪‐牧田和久
西 ●今井達也-佐野泰雄-宮川哲‐ギャレット‐伊藤翔‐田村伊知郎

文・鈴木竜雅

関連リンク

【ファーム】4/7 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/7 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM