渡部健人がプロ初安打&初本塁打! 呉念庭も一発を放った埼玉西武が5連勝

2021.4.4(日) 16:55 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・渡部健人選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・渡部健人選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月4日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第3回戦は、4対2で埼玉西武が勝利。埼玉西武は引き分けを挟んでの5連勝を決めた。

 埼玉西武は2回表、6番・呉念庭選手の4試合連続打点となる2号ソロで幸先よく先制。さらに、3回表には、1番・金子侑司選手と2番・源田壮亮選手の連打で作った1死1、3塁の好機で、3番・森友哉選手が犠飛を放ち、手堅く1点を追加する。

 援護をもらった埼玉西武の先発・平井克典投手は、初回にピンチを招くが4番・グラシアル選手を打ち取って立ち上がりを無失点に抑え、3回まで付け入る隙を与えない投球を披露。しかし、4回裏に3番・柳田悠岐選手の3号ソロで1点差に迫られると、さらに連打と四球で2死満塁とピンチを広げる。それでも、8番・松田宣浩選手を三振に抑えて同点は許さない。

 追加点を狙う打線は6回表、2死1塁の場面で今日一軍に昇格したばかりのドラ1ルーキー・渡部健人選手が、和田毅投手から左翼スタンドに飛び込むプロ初本塁打を放ち、2点を追加する。渡部選手は「めちゃめちゃうれしいです」と声を弾ませた。

 3点リードで迎えた6回裏、平井投手が連打と四球で1死満塁のピンチを招くと、松田選手の犠飛で1点を失い降板。2死1、2塁から後を受けた佐野泰雄投手は、代打・長谷川勇也選手を打ち取りピンチを脱すると、7回裏は、1死1塁から登板した平良海馬投手が柳田選手とグラシアル選手から連続三振を奪い、リードを守る。

 8回裏から登板した宮川哲投手は2死満塁のピンチを招いたが、代打・今宮健太選手を三振に切って取り、得点は許さず。9回裏はギャレット投手が主軸を3人で抑え、4対2で試合終了。

 勝利した埼玉西武はカード全勝で5連勝を決めた。平井投手は5.2回7安打8奪三振2四球2失点と試合を作り、2勝目をマーク。プロ初スタメンで初出場を果たした渡部選手の記念すべきプロ初本塁打や、絶好調の呉選手の本塁打、若林楽人選手のプロ初安打など、若獅子が怪我で離れる主力の穴を埋める活躍で勝利をつかんだ。

 敗れた福岡ソフトバンクは、和田投手が6回4失点と悔やまれる投球。打線は、柳田選手の2試合連続本塁打を含む、計9安打を放ったが、再三の好機を生かせず。この敗戦で5連敗となり、勝率は5割を切った。

  123456789 計
西 011002000 4
ソ 000101000 2

西 ○平井克典-佐野泰雄-平良海馬-宮川哲-Sギャレット
ソ ●和田毅-嘉弥真新也-杉山一樹-泉圭輔-岩嵜翔

文・岡絃哉

関連リンク

4/4 ファイターズ対マリーンズ結果
4/4 イーグルス対バファローズ結果
【ファーム】4/4 ファイターズ対ベイスターズ結果
【ファーム】4/4 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM