2年目・宮城大弥が7回2失点の力投。隙を逃さず得点を重ねたオリックスが今季初勝利

2021.3.27(土) 18:27 パ・リーグ インサイト
3/27 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/27 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月27日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第2回戦は、2対3でオリックスが勝利。先発・宮城投手の力投に加え、打線も相手の隙を突く攻撃を見せ今季初勝利を飾った。

 オリックスの先発・宮城大弥投手は初回、安打と盗塁などで3塁まで走者を進めると、埼玉西武の4番・山川穂高選手に適時打を許し、先制点を献上。しかし最少失点で切り抜け、3回以降は安打を許さない投球で回を重ねるごとに調子を上げていく。

 1点を追うオリックスは3回表、無死から7番・太田椋選手が安打で出塁すると、続く8番・伏見寅威の適時二塁打で同点に。4回表には、ジョーンズ選手、モヤ選手の連打で無死1、3塁の好機を作ると、相手投手の暴投で勝ち越しに成功する。5回表にも2死から四死球などで1、3塁とすると、この回も暴投で1点を追加し、3対1とリードを広げた。

 アウトを着実に積み重ねていた宮城投手だったが、7回裏に無死から山川選手の安打などで満塁と今日最大のピンチを迎える。しかし、死球で1点を与えたものの、同点は許さず。リードを保ったまま7回2失点でマウンドを降りた。8回裏はNPB復帰後初の公式戦登板となる平野佳寿投手が2番手として登板。3者凡退に抑えて日米通算700試合登板を達成した。9回裏は漆原大晟投手が先頭を安打で出すも、結果的に3人で打ち取り2対3で試合終了。

 勝利したオリックスは先発の宮城投手が2年目ながら開幕カード2戦目の大役を7回8奪三振2失点の力投で応え、今季初勝利。打線も相手チームの隙を逃さない攻撃で勝利を引き寄せた。一方、敗れた埼玉西武は、先発の浜屋投手が4.2回3奪三振3失点。3者凡退に抑える立ち上がりを見せたが、以降は走者を出してからの制球に課題が見える結果となった。打線は、6回まで3安打とオリックス・宮城投手を中盤まで捉えきれず。終盤には好機を作ったものの、あと1点が遠い展開となった。

  123456789 計
オ 001110000 3
西 100000100 2

オ ○宮城大弥-平野佳寿-S漆原大晟
西 ●浜屋将太‐宮川哲‐佐野泰雄‐吉川光夫‐ギャレット‐伊藤翔

文・鈴木優菜

関連リンク

3/27 ホークス対マリーンズ結果
3/27 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】3/27 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】3/27 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】3/27 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM