辰己涼介が初球先頭打者弾! 涌井秀章も7回4安打失無点と好投した楽天が開幕戦勝利

2021.3.26(金) 19:43 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月26日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と北海道日本ハムの開幕戦は、8対2で楽天が勝利。5年ぶりに開幕戦を本拠地で迎えた楽天は、2年連続で開幕戦を勝利で飾った。

 楽天は1回裏、先頭の辰己涼介選手が北海道日本ハムの先発・上沢直之投手が投じた初球の直球を捉えると、打球は風に乗りレフトスタンドへ。辰己選手は、「初球から打てるボールは打とうと決めてましたし、打つ方向も決めて打席に入りました。東北が元気になるプレーをたくさんしていきたいです」と、笑顔で打席を振り返った。2回裏にも小深田大翔選手に適時打が飛び出し、2対0と序盤から試合を優位に進める。

 開幕投手を任された涌井秀章投手は、注目の初回を3者凡退に抑えると、以降も安定感のある投球を披露。3回以降は走者を背負いながらも、田中和基選手の好守にも助けられるなど、無失点に抑え反撃を許さない。中盤以降も疲れを見せず、7回4安打5奪三振3四球無失点の好投で中継ぎ陣へマウンドを託した。

 追加点を挙げたい打線は5回裏、小深田選手のこの試合3本目の安打などで1死満塁のチャンスを作ると、6番・鈴木大地選手が走者一掃の適時二塁打を放ち、3点を追加する。さらに小郷裕哉選手にも適時打が生まれ、リードを6点に広げた。

 8回表から継投に入った楽天は、宋家豪投手が守備の乱れと四球などで1失点、後を受けた渡邊佑樹投手も押し出しで1点を失ったが、9回表は牧田和久投手が3人で締め、8対2で試合終了。

 勝利した楽天は、昨季対楽天戦で3戦3勝、防御率0.81だった上沢投手から6得点を挙げるなど、打線が爆発。涌井投手も自身6度目の開幕戦勝利を挙げるなど投打がかみ合い、石井一久監督の初陣を白星で飾った。一方敗れた北海道日本ハムは、序盤から追いかける展開となり、流れをつかむことができなかった。

  123456789 計
日 000000020 2
楽 11004200X 8

日 ●上沢直之-福田俊-鈴木健矢
楽 ○涌井秀章-宋家豪-渡邊佑樹-牧田和久

文・小野寺穂高

関連リンク

3/26 ホークス対マリーンズ結果
3/26 ライオンズ対バファローズ結果
【ファーム】3/26 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】3/26 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】3/26 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM