“令和の怪物”佐々木朗希が圧巻の投球を見せる! 投打がかみ合った千葉ロッテが勝利

2021.3.12(金) 16:25 パ・リーグ インサイト
3/12 マリーンズ対ドラゴンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/12 マリーンズ対ドラゴンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月12日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと中日のオープン戦は、3対2で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは3回裏、安打と四球で無死1、2塁とすると、打席には3番・マーティン選手。甘い球を逃さず捉えて適時打とし、1点を先制した。さらに山口航輝選手の併殺打の間に1点追加し、2対0とリードを広げて序盤を終える。

 6回表には佐々木朗希投手が登板。プロ入り初の実戦登板とあって、キャッチボールの段階からその一挙手一投足に視線が注がれた。2番から始まる好打順を一ゴロ、遊ゴロとテンポよく抑えると、4番・ビシエド選手からは見逃し三振を奪い、圧巻の初登板を終えた。

 1点差に詰め寄られた7回裏には安田尚憲選手の二塁打で好機を作ると、小川龍成選手の絶妙なバントヒットでチャンスを広げる。続く代打・福田秀平選手の内野ゴロの間に、代走で出場の和田康士朗選手が好走塁で本塁を陥れ、追加点をあげた。9回表は回またぎで登板の土居豪人投手が2死1、2塁のピンチを招くも、根尾昂選手を空振り三振に抑え、3対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発・二木康太投手が5回4安打無死四球4奪三振無失点と好投を見せ、流れをつかんだ。終盤には打線が足を絡めた攻撃で追加点をあげるなど投打がかみ合った。また、実戦初登板となった佐々木朗投手が1イニングを三者凡退に抑え、堂々たるデビューを飾った。

  123456789 計
中 000000110 2
ロ 00200010X 3

中 ●小笠原慎之介-鈴木博志-谷元圭介-橋本侑樹
ロ ○二木康太-佐々木朗希-小野郁-東條大樹-S土居豪人

文・吉村穂乃香

関連リンク

3/12 スワローズ対ホークス結果
3/12 タイガース対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM