板東湧梧がプロ初勝利! 中盤に打線がつながった福岡ソフトバンクが逆転勝利

2020.8.6(木) 22:02 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・板東湧梧投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・板東湧梧投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月6日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と福岡ソフトバンクの第9回戦は、3対1で福岡ソフトバンクが勝利。同率首位に並んでいた楽天を振り切り、単独首位へ躍り出た。

 福岡ソフトバンクは初回、先発の笠谷俊介投手が小深田大翔選手、鈴木大地選手に連打を浴びて2試合連続で先制を許すも、中盤にかけて打線が奮起。3回表、2死1、2塁の場面から3番・柳田悠岐選手の適時打で同点に追いつくと、4回表には明石健志選手の適時打で逆転に成功。甲斐拓也選手のスクイズも決まり、リードを2点とした。

 笠谷投手は2回で降板し、3回裏からは板東湧梧投手が登板。4回裏に1死1、2塁のピンチを背負う場面がありながらも後続を断ち切り、3イニングを投げて1安打2四球無失点の好投を見せた。

 福岡ソフトバンクは6回表から細かな継投へ。3番手・高橋礼投手が1回を無失点に抑えると、7回裏には嘉弥真新也投手と泉圭輔投手の2投手をつぎ込み、リードを保った。8回裏にはモイネロ投手が3奪三振と圧巻の投球を披露。2点リードの9回裏には、守護神・森唯斗投手がマウンドへ。1番からの好打順を見事無失点で締め、3対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、4回に奪った2点のリードを6投手で守り抜いた。2番手で登板した板東湧梧投手は3イニングを1安打無失点に抑え、プロ初勝利を挙げた。前日1安打に終わった打線も10安打を記録し、柳田悠岐選手、栗原陵矢選手、明石健志選手が複数安打の活躍を見せた。一方の敗れた楽天は、先発の松井裕樹投手が今季初めて5回を投げ切るも中盤に3失点で逆転を許し敗戦。打線も7安打を記録したが、鈴木大地選手の先制適時打の1点のみにとどまった。

  123456789 計
ソ 001200000 3
楽 100000000 1

ソ 笠谷俊介-○板東湧梧-高橋礼-嘉弥真新也-泉圭輔-モイネロ-S森唯斗
楽 ●松井裕樹-J.T.シャギワ-池田駿-久保裕也-津留崎大成-安樂智大

文・和田信

関連リンク

8/6 ファイターズ対ライオンズ結果
8/6 バファローズ対マリーンズ結果
【ファーム】8/6 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】8/6 イーグルス対ジャイアンツ結果
【ファーム】8/6 バファローズ対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM