山本由伸が圧巻のピッチングで楽天打線を圧倒! 投打かみ合ったオリックスが今季初勝利

パ・リーグ インサイト

2020.6.21(日) 15:42

オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月21日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと楽天の第3回戦は、4対0でオリックスが勝利。先発の山本由伸投手が楽天打線を圧倒し、打線も10安打4得点と援護した。

 オリックスの先発は、今季から背番号18を背負う若きエース・山本由伸投手。初回は11球で3者連続三振に仕留める完璧なピッチング。150km/hオーバーを連発する圧巻の立ち上がりを見せると、打線も初回から活発に。1番・T-岡田選手が今季初安打を放ち、3番・吉田正尚選手が四球、4番・ジョーンズ選手も安打で続くと、5番・中川圭太選手の犠飛で先制点を奪取。投打ともに幸先の良いスタートを切った。

 打線は2回裏、 安達了一選手、後藤駿太選手の連打で1死1,3塁とすると、T-岡田選手、ロドリゲス選手に連続適時打が生まれ、スコアは3対0に。4回裏には、若月健矢選手が二塁打で得点圏に進むと、T-岡田選手が猛打賞となる適時二塁打を放って4点目。楽天先発の石橋良太投手を攻略し、4点のリードを得た。

 打線の援護を受けた山本投手は、球威を落とすことなく楽天打線を終始翻弄。スコアボードに0を並べ続け、8回3安打10奪三振無四球無失点の内容で降板すると、最終回を託された守護神のディクソン投手が、山本投手から受けた勢いそのままに3者凡退で締め、4対0で試合終了。

 投げては山本投手が圧巻のピッチング、打っては10安打4得点と投打がかみ合いオリックスが今季初勝利。開幕からの連敗を「2」で止めた。一方敗れた楽天は、先発した石橋投手が4回8安打1四球4失点と試合を作れず。「初回からリズムが悪かったです。 先頭を出したのが良くなかったですね。次に向けてしっかり修正したいと思います」と登板を振り返った。

  123456789 計
楽 000000000 0
オ 12010000X 4

楽 ●石橋良太-津留崎大成-辛島航-安樂智大
オ ○山本由伸-ディクソン

文・池田紗里

関連リンク

6/21 ライオンズ対ファイターズ結果
6/21 ホークス対マリーンズ結果
【ファーム】6/21 マリーンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】6/21 ホークス対バファローズ結果





記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE