福岡ソフトバンク・石川柊太が好救援で初勝利。指揮官「彼があそこにいれば僕らは助かる」

Full-Count 藤浦一都

2018.4.2(月) 12:50

今季初勝利をマークした福岡ソフトバンク・石川柊太投手
今季初勝利をマークした福岡ソフトバンク・石川柊太投手

先発・中田投手のピンチを見事に火消し

1日、福岡ソフトバンクの2番手として登板した石川柊太投手が、今季初登板で白星を挙げた。2点の先制を許し、なおも1死一、三塁というピンチでマウンドに上がり、四球で満塁としながらも上位打線を打ち取って、味方の逆転劇につなげた。

見事な火消しだった。中田賢一投手が2点を失い、さらに1死一、三塁というピンチで、石川投手の今季初登板が巡ってきた。

先頭の宗佑磨選手を空振り三振に切って2死目を奪うと、続く山足達也選手には四球で満塁。「カーブ、カーブが抜けてしまって。あそこは長打は避けたいので最悪の状況にはならないように。際どいところを取ってもらえなかったので、あれはあれで切り替えて」と、次の吉田正尚選手と冷静に向き合い、一塁ゴロに仕留めてみせた。

「すんなり入れたのはよかったと思う。メカニック的にずれたところはあったけど、結果的に抑えられたのはよかった」と石川投手。

「自分が投げるところにやりがいというか、誇りをもってやっていくだけです。ここで投げたいとか、あそこで投げたいという感情は無駄なものなので」と強く言い切った。

工藤公康監督も「初登板だったけど、キャンプからオープン戦にかけて取り組んできたことを忘れずに出してくれた。彼があそこ(複数イニングをこなせる中継ぎ)にいれば、僕らはとても助かる」と、この日の2番手としての働きを高く評価した。

石川投手がピンチを凌いだことで、直後に中村晃選手の満塁弾を呼び込んだ。「結果的に呼び込めたのかもしれないですけど…まあ、いい役割は果たせたかなとは思います」と振り返る。

投げるポジションにこだわりは持たないと言うが、調整が遅れている和田毅投手の状態次第では先発登板という可能性は十分に残っている。それまでは、与えられた場面でしっかりと結果を出し続けるだけだ。

記事提供:

Full-Count 藤浦一都

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE