竹安大知がプロ初完封。好調・ロメロも猛打賞でオリックスがカード勝ち越し

2019.8.17(土) 17:08 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 竹安大知投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 竹安大知投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月17日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの17回戦は、早い段階で試合の主導権を握ったオリックスが6対0で千葉ロッテに勝利。先発したオリックスの4年目・竹安大知投手がプロ初となる完封勝利を記録した。

 オリックスが、試合序盤から猛攻を見せた。1回表、2死2塁からロメロ選手が先制の適時二塁打を放つと、続く2回表には2死3塁から若月健矢選手が「なにがなんでもという気持ちで打ちました」と詰まりながらも適時二塁打。2点を先行すると、3回表には吉田正尚選手とロメロ選手の適時打、そして後藤駿太選手の犠飛で3点を追加。千葉ロッテの先発・二木康太投手から3イニングで5得点を挙げた。

 援護を受けたオリックスの先発・竹安大知投手は、5回まで毎イニング走者を許したものの、得点圏には一度も進めず。落ち着いた投球で後続を断って、スコアボードに0を並べた。試合は5対0でオリックスがリードしたまま、後半戦に突入。

 竹安投手は尻上がりに調子を挙げ、6回、7回と2イニング連続で3者凡退。打線が福田周平選手の適時打でリードを6点に広げた直後の7回表は、千葉ロッテ打線の攻撃をわずか6球で抑えた。

 8回も無失点で抑えた竹安投手は続く9回もマウンドに立ち、千葉ロッテ打線を3人で抑えて試合終了。盤石の試合運びを見せたオリックスが、6対0で千葉ロッテに勝利した。

 勝利したオリックスは、竹安投手がプロ初完封。立ち上がりこそ毎回走者を許したが、以降は千葉ロッテ打線を打たせて取る安定した投球。終わってみれば、許した安打はわずかに2本のみだった。敗れた千葉ロッテは、先発・二木投手が崩れ、打線も沈黙した。

文・吉田貴

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM