【約3年ぶりの交流】きょうのパ・リーグ【1月12日】

パ・リーグ インサイト

2023.1.12(木) 21:04

埼玉西武ライオンズ・栗山巧選手(C)SEIBU Lions
埼玉西武ライオンズ・栗山巧選手(C)SEIBU Lions

◇埼玉西武 栗山巧が小児病棟を訪問

 埼玉西武・栗山巧選手が浜松市にある浜松医科大学医学部附属病院の小児病棟を訪問。子どもたちと遊んだり、医師や看護師とコミュニケーションを取るなど1時間半の交流の時間を過ごした。栗山選手は2014年から小児がんの子どもたちとその家族への支援活動を行っており、交流は新型コロナウイルスの影響で見送っていたが、約3年ぶりに実現した。

◇栗山選手 コメント
「笑顔を見せてくれるこどもたちがたくさんいて、来てよかったなと思いました。頻繁に病院に訪問することはなかなか難しい状況ですが、こどもたちには今日僕が訪れたことをどこかで思い出して治療をがんばってもらいたいです。そのためにも僕自身が活躍して、よいニュースをこどもたちに届けられるようにがんばります!」

 また、2023年NPB新人選手研修会に各球団の新人選手が参加。埼玉西武のドラフト1位ルーキー・蛭間拓哉選手は「新人選手研修会を受講して、プロ野球選手としての自覚と責任が求められていると実感しました。今まで以上に周りの方から見られていることを意識し、言動に注意していきたいです。プロ野球選手、一社会人として見本となるような存在になりたいです」と気を引き締めた。

◇千葉ロッテ 千葉興業銀行がユニホームスポンサーに

 千葉ロッテは株式会社千葉興業銀行と2023年シーズンからユニホームスポンサー契約を締結した。千葉興業銀行は球場内の広告看板や、ファンクラブのオフィシャルスポンサーなど千葉移転の1992年からスポンサー契約をしている。なお、ユニホームの左袖にスポンサーロゴが掲載されるのは初。

毎日更新中! きょうのパ・リーグ

関連リンク

株式会社千葉興業銀行とユニホームスポンサー(左袖)契約締結のお知らせ
2022年 埼玉西武各選手による社会貢献活動

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE