ホークス一筋19年のベテランが有終の美。明石健志が現役最終打席で安打を放つ

パ・リーグ インサイト

2022.9.24(土) 16:50

福岡ソフトバンクホークス・明石健志選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・明石健志選手(C)パーソル パ・リーグTV

◇福岡ソフトバンク対千葉ロッテ 第22回戦(24日・PayPayドーム)

 23日に今季限りの現役引退を表明した福岡ソフトバンクの明石健志選手が引退試合に出場。現役最後となる打席で見事安打を放ち、本拠地につめかけたファンの前で有終の美を飾った。

 引退選手特例で本日昇格した明石選手。6対0とチームがリードする展開で迎えた7回裏に代打で登場すると、千葉ロッテ・八木彬投手の3球目を強振した当たりが、投手強襲の内野安打に。一塁ベース上では涙を浮かべながらファンの拍手に応え、直後に送られた代走と代わってベンチに退いた。

 ホークス一筋19年の明石選手は2003年ドラフト4巡目でダイエーに入団。プロ初安打を皮切りに、現役10位となる通算36本の三塁打を放っていることから、「ミスタースリーベース」の異名をとった。また2019年4月25日にはプロ初のサヨナラ弾を打った際にバク宙でホームインするなど、随所で印象的な活躍も見せた。野手では唯一となるダイエー時代を知るベテランをたたえて、試合後には引退セレモニーが予定されている。

◇明石健志選手 通算記録
1008試合 2894打席 648安打 17本塁打 213打点 93盗塁 打率.252

文・和田信

福岡ソフトバンク・明石健志引退セレモニー全文「本当にプロでやっていけるのかなと」
「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE