上川畑大悟が延長10回に勝ち越し打! 東北楽天は宮森智志がプロ初黒星

パ・リーグ インサイト

2022.9.23(金) 18:16

北海道日本ハムファイターズ・上川畑大悟選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・上川畑大悟選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月23日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と北海道日本ハムの第23回戦は、6対3で北海道日本ハムが延長戦を制した。

 北海道日本ハムの先発・根本悠楓投手は、序盤3回を1安打に抑える立ち上がりを披露。ところが、4回裏には四球から得点圏に走者を抱え、浅村栄斗選手に先制の適時打を許す。それでも、その後のピンチでは強烈な投手ライナーに好反応を見せ、併殺を奪い1失点にとどめた。

 一方の打線は、相手先発・涌井秀章投手に対しあと1本が出ず、0対1で前半戦を終える。仕切り直しの6回表は、1死から近藤健介選手が二塁打で出塁。続く清宮幸太郎選手に適時二塁打が生まれ同点に追いつくと、なおも1、2塁からアルカンタラ選手が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 4回裏の失点以降は踏ん張ってきた根本投手だったが、1点リードの7回裏に辰己涼介選手に10号ソロを許し、同点に追いつかれる。しかし、その後の2死満塁のピンチを玉井大翔投手が無失点に抑えると、8回裏は北山亘基投手が3者連続奪三振。9回でも決着はつかず、試合は延長戦へ。

 10回表は先頭の今川優馬選手、近藤健介選手が連打で出塁すると、清宮選手が犠打でつなぎ1死2、3塁とチャンスメイク。続く上川畑大悟選手が適時打を放ち、ついに勝ち越しに成功する。なおも代打・松本剛選手がレフト線へ適時二塁打を放ち、点差を広げた。

 木村文紀選手にも適時打が生まれ、一挙4点を奪い試合を決めた北海道日本ハム。最終回は石川直也投手が1失点しながらも、6対3で試合は終了した。勝利した北海道日本ハムは今季初昇格初出場の五十幡亮汰選手が、初安打を含む2安打1盗塁と躍動。5番で出場の上川畑選手は、勝ち越し打含む2安打を放つ活躍を見せた。なお、松本選手は打率を.349としている。

 一方敗れた東北楽天は、先発の涌井投手が5.1回96球8安打2四死球4奪三振2失点の投球内容。プロ初黒星の宮森投手は、デビューからの連続無失点記録が日本記録タイの「22」(広島・栗林良吏投手)でストップした。打っては先制打の浅村選手が84打点目を挙げ、打点ランキングトップの山川穂高選手に「1」差と迫っている。

  12345678910 計
日 0000020004 6
楽 0001001001 3

日 根本悠楓-玉井大翔-北山亘基-○ロドリゲス-石川直也
楽 涌井秀章-鈴木翔天-宋家豪-西口直人-松井裕樹-●宮森智志-西垣雅矢

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画
【動画】根本悠楓『わずか0.39秒…超速ゲッツー完成!』
【動画】五十幡亮汰『遊安・遊安・盗塁』
【動画】東北レッスン生グループ「いぎなり東北産」がセレモニアルピッチに登場!
「THE NORTH FACE」がFビレッジへ! 谷口雄也が発表記者会見に潜入

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE