福岡ソフトバンクは奥村政稔が今季2度目の先発。埼玉西武・山川穂高は復調なるか

パ・リーグ インサイト

2022.9.12(月) 23:33

福岡ソフトバンクホークス・奥村政稔投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・奥村政稔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月13日の18時から、PayPayドームで福岡ソフトバンクと埼玉西武の第22回戦が行われる。

【今季対戦成績】福岡ソフトバンク(1位)対埼玉西武(2位)12勝8敗1分

【福岡ソフトバンク】奥村政稔投手 3試合0勝0敗、防御率1.29
【埼玉西武】高橋光成投手 23試合10勝(2位タイ)7敗、防御率2.27(3位)

 福岡ソフトバンクは奥村政稔投手がマウンドに上がる。先発での登板は、プロ初先発となった8月29日の千葉ロッテ戦以来だ。この時は5回4安打5奪三振1失点と好投したものの、勝ち星は付かなかった。本試合では勝利に導く投球で、プロ初白星をつかみたい。

 対する埼玉西武は山川穂高選手に期待したい。9月は31打数2安打と苦しんでいるが、前日の試合では5試合ぶりの本塁打を記録した。調子を取り戻し、打線をけん引する活躍を見せられるか。

文・北村彩実

関連リンク

パ・リーグ順位表/個人成績
奥村政稔 動画/成績
高橋光成 選手名鑑
山川穂高の活躍を動画で
コロナ禍以前の球場の姿を今年こそ。「感動の輪を広げようデー」が福岡・大阪で開催

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE