埼玉西武・森友哉がNPB史上306人目の通算100本塁打を達成

パ・リーグ インサイト

2022.8.30(火) 19:44

埼玉西武ライオンズ・森友哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・森友哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

◇埼玉西武対北海道日本ハム 第20回戦(30日・ベルーナドーム)

 埼玉西武の森友哉選手がNPB史上306人目となる通算100本塁打を達成した。

 1対1の同点で迎えた4回裏、先頭で打席に立った森選手は、フルカウントから上沢直之投手の変化球を捉え、打球は右中間スタンドへ。ダイヤモンドを1周した後、山川穂高選手から記念のパネルを受け取り笑みを浮かべた。

 森選手は大阪桐蔭高校から2013年ドラフト1位で埼玉西武に入団。これまで3度のベストナインに輝くなど、攻守でチームの要に。3年ぶりのリーグ優勝に向け、打線をけん引し続ける。

◇森選手 コメント
「打ったのはフォークです。100本目を打ててうれしいです(笑)手応えは完璧でした。次の打席も頑張ります!」※ベンチ裏でチームメイトに祝福され喜んでいました。

◇森選手 本塁打の記録
初本塁打 2014年8月14日 オリックス戦
50本塁打 2018年9月14日 東北楽天戦

文・高橋優奈

関連リンク

「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE