柳田悠岐が2安打2打点! 福岡ソフトバンクが連勝でカード勝ち越し

パ・リーグ インサイト

2022.8.20(土) 21:47

福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月20日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第20回戦は、9対3で福岡ソフトバンクが勝利。このカード2連勝で勝ち越しを決めた。

 福岡ソフトバンク先発の武田翔太投手は、初回に近藤健介選手の適時二塁打、2回表は佐藤龍世選手のセーフティースクイズと、立て続けに失点。しかし3回、4回と無失点に抑え、打線の援護を待つ。

 打線は相手先発の上沢直之投手の前に無失点に抑えられる。しかし4回裏、2死2、3塁からガルビス選手の2点適時二塁打と、佐藤直樹選手の1号2ランと高田知季選手と柳田悠岐選手の適時打で計7点を挙げ逆転に成功。5回裏にも甲斐拓也選手の犠飛でリードを広げる。

 武田投手は、7回表に2死1、3塁から今川優馬選手に適時打を打たれたところで降板。2番手の甲斐野央投手が後続を断った。7回裏に今宮健太選手の適時打で1点を追加すると、以降は泉圭輔投手、尾形崇斗投手とつなぎ、9対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは6.2回9安打3四死球6奪三振3失点で、今季2勝目をマーク。打線では、佐藤直選手がプロ初本塁打を放ち、柳田選手が2安打2打点の活躍を見せた。敗れた北海道日本ハムは、先発の上沢直之投手が4回に一挙7点失うなど、4.1回9安打3四球7奪三振8失点で今季6敗目を喫し、チームは5連敗となった。

  123456789 計
日 110000100 3
ソ 00071010X 9

日 ●上沢直之-メネズ-古川侑利-石川直也
ソ ○武田翔太-甲斐野央-泉圭輔-尾形崇斗

文・成田理亮

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】佐藤直樹 『打った本人もベンチも驚愕...待望のプロ初本塁打!!』
佐藤直樹 選手名鑑
柳田悠岐 動画をチェック
試合をさらに熱くする球場内エンタメ。福岡ソフトバンクが生んだ球界初の男性パフォーマーとは!?

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE