【ファーム】田中瑛斗が5回0封も、救援陣が粘れず北海道日本ハムが逆転負け

パ・リーグ インサイト

2022.8.17(水) 17:09

北海道日本ハムファイターズ・田中瑛斗投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・田中瑛斗投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月17日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第16回戦は、6対9で北海道日本ハムが敗れた。

 北海道日本ハム打線は1回裏、2死から宮田輝星選手が四球で出塁すると、すかさず盗塁を仕掛けてチャンスをつくる。ここで、宇佐見真吾選手が適時打を放ち先制に成功した。
 
 先発の田中瑛斗投手は序盤から淡々とアウトを重ね、3回まで1安打に抑える好投で試合をつくっていく。4回表には、太田賢吾選手にフェンス直撃の二塁打を打たれてピンチを招くが、後続を打ち取って無失点で切り抜ける。

 すると4回裏、王柏融選手の3号ソロをきっかけに打線がつながり、上野響平選手と高濱祐仁選手の適時打などで4点を加える。さらに5回裏には相手失策も絡んで追加点を挙げ、6対0で試合を折り返した。

 田中投手は5回63球2安打2奪三振無失点の好投でマウンドを後にすると、6回表はドラフト7位ルーキーの松浦慶斗投手がファーム公式戦初登板。キブレハン選手に2号2ランを浴びる実戦デビューとなったが、勢いのある直球を投げ込んだ。

 今日は救援陣が粘れず、7回表に登板した長谷川威展投手が2死から制球に苦しみ1失点。さらに9回表には福田俊投手も中山翔太選手に2点適時打を打たれるなど、3失点で同点に追い付かれた。打線は9回裏に2死1、2塁とサヨナラのチャンスを迎えたが、阪口樂選手が内野ゴロに倒れ、試合は延長戦に突入する。

 迎えた10回表だったが、6番手・高山優希投手が先頭打者を四球で歩かせると、内野安打に失策が重なり勝ち越しを許す。さらにキブレハン選手に適時三塁打、太田選手に適時二塁打を浴び、スコアは6対9となった。粘りを見せたい打線も、得点できずそのまま試合終了。

 敗れた北海道日本ハムは、先発した田中投手が5回無失点の好投を見せるも、救援陣がリードを守り切れず。打線は上野選手が3安打1打点、王柏融選手が本塁打を放つ活躍を見せたが、6回以降は東京ヤクルト投手陣の前に無得点に終わった。

  12345678910 計
ヤ 0000021033 9
日 1004100000 6

ヤ 吉田大喜-寺島成輝-鈴木裕太-丸山翔大-柴田大地-○長谷川宙輝-S星知弥
日 田中瑛斗-松浦慶斗-長谷川威展-石川直也-福田俊-●高山優希

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

試合の動画はこちら
先発した田中瑛斗の選手名鑑
先制タイムリーの宇佐見真吾をチェック
王柏融 動画/成績
公式戦デビュー!松浦慶斗

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE