石川柊太が8回無失点の好投。今宮健太に2打席連続適時打が生まれた鷹が完封勝利

パ・リーグ インサイト

2022.8.9(火) 20:49

福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月9日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第15回戦は、3対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発・石川柊太投手は、初回に2三振を奪う上々の立ち上がりを見せる。2回、3回と安打を許したが、得点は与えず。1カ月ぶりの白星へ向けて快投を続け、千葉ロッテを4回以降無安打に抑え込む。

 打線は3回表、2死1塁から今宮健太選手の適時打で先制に成功。今宮選手は5回表にも二打席連続となるタイムリーを放った。さらにこの回、1死1、2塁とした場面では柳田悠岐選手がライト前へ運び、3対0とする。

 好投を続ける石川投手は8回裏、レアード選手の二塁打で久々に走者を許したが、後続を打ち取り三塁も踏ませなかった。9回裏をモイネロ投手が3人で締めて16セーブ目を挙げ、試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が8回117球3安打9奪三振無失点。中盤までにもらった3点の援護を守り切り、今季4勝目を手にした。一方、千葉ロッテは、ロメロ投手が6回3失点。8安打を浴びながら10奪三振の粘投で試合をつくったが、打線が沈黙した。

  123456789 計
ソ 001020000 3
ロ 000000000 0

ソ ○石川柊太-Sモイネロ
ロ ●ロメロ-佐々木千隼-八木彬-国吉佑樹

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
周東佑京の俊足が生きた!今宮健太2打席連続適時打
石川柊太 動画/成績
この夏に着たい パ・リーグTシャツコレクション2022
福岡ソフトバンクが生んだ球界初の男性パフォーマーとは!?

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE