鷹は和田毅で連敗ストップなるか。埼玉西武は山川穂高が打撃好調

パ・リーグ インサイト

2022.7.30(土) 21:48

福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月31日の13時から、PayPayドームで福岡ソフトバンクと埼玉西武の第14回戦が行われる。

【今季対戦成績】福岡ソフトバンク(2位)対埼玉西武(1位)7勝5敗1分

【福岡ソフトバンク】和田毅投手 9試合2勝2敗、防御率1.90
【埼玉西武】エンス投手 14試合6勝5敗、防御率2.31

 福岡ソフトバンクの先発は和田毅投手。前回登板(24日・オリックス戦)では3番手として登板、1回2安打2四球2失点で負け投手となった。今シーズンは8試合に先発し、防御率1.90の好成績を残しているだけに、チームの連敗ストップに貢献する投球を期待したい。

 埼玉西武は山川穂高選手に注目だ。この3連戦の初戦では30号3ランを放つなど3安打4打点、2戦目は2本の適時打を放つなど、今カードは打率.556、1本塁打6打点の活躍を見せている。この試合でも山川選手の打撃から目が離せない。

文・成田理亮

パ・リーグ順位表/個人成績
和田毅 選手名鑑
なぜ鷹・和田毅は衰えない? 41歳でも進化と遂げる秘密は向上心と探求心
山川穂高 選手名鑑
パ・リーグ6球団 後半戦「復活」してほしい選手は?

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE