野村大樹の先制打、リチャードの2本塁打で鷹が連敗脱出! 千賀滉大は7回2失点

パ・リーグ インサイト

2022.7.13(水) 20:28

福岡ソフトバンクホークス・野村大樹選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・野村大樹選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月13日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第13回戦は、4対2で福岡ソフトバンクが勝利し、連敗を5で止めた。

 福岡ソフトバンクは1回裏、今宮健太選手の内野安打と相手の2つの失策により2死満塁の好機を得ると、野村大樹選手の適時打でオリックス・宮城大弥投手から2点を先制する。続く2回裏はリチャード選手の2号ソロ、4回裏にもリチャード選手の2打席連続弾が生まれ、リードを4点に広げた。

 先発の千賀滉大投手は、直球と鋭い変化球を巧みに駆使して相手打線を寄せ付けず、6回までパーフェクトピッチングを続ける。しかし、7回表に味方の失策でこの日初めてのランナーを許すと、宗佑磨選手の適時二塁打で1点を失う。1死3塁の場面では吉田正尚選手の内野ゴロの間に1点を返されたが、杉本裕太郎選手を空振り三振に仕留め、7回1安打10奪三振2失点(自責点0)で降板した。

 8回表は2番手・森唯斗投手が無失点で抑えると、2点リードで迎えた最終9回表をモイネロ投手が3者凡退で締め、4対2で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、千賀投手が7回2失点(自責点0)と好投。打線では野村大選手が今季初打点となる先制打、リチャード選手は2打席連続弾と若手の躍動が目立った。

 一方のオリックスは、宮城投手が8回6安打2本塁打10奪三振4失点(自責点2)の粘投。宗選手は代打起用に応える適時打を放ったものの、福岡ソフトバンクの投手陣を前にわずか1安打に終わり、4連勝とはならなかった。

  123456789 計
オ 000000200 2
ソ 21010000X 4

オ ●宮城大弥
ソ ○千賀滉大-森唯斗-Sモイネロ

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】野村大樹 今季初打点となる先制打
【動画】リチャードが2戦連発!
【動画】リチャード 2打席連続弾

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE