石川柊太はチームの連敗を止められるか。北海道日本ハムは池田隆英で4連勝へ

パ・リーグ インサイト

2022.7.9(土) 22:17

福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月10日の13時から、PayPayドームで福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第15回戦が行われる。

【今季対戦成績】福岡ソフトバンク(1位)対北海道日本ハム(6位)7勝7敗

【福岡ソフトバンク】石川柊太投手 11試合3勝3敗、防御率2.76
【北海道日本ハム】池田隆英投手 1試合0勝1敗、防御率18.00

 福岡ソフトバンクは石川柊太投手に連敗ストップを託す。前回は3日の埼玉西武戦で登板し、9回1安打3四球8奪三振無失点で2年ぶりの完封勝利を収めた。力強いピッチングを続け、勢いに乗る北海道日本ハム打線を封じ込めるか。

 対する北海道日本ハムは池田隆英投手が今季初先発。3月27日の福岡ソフトバンク戦でリリーフ登板した際には、1回2安打1四球2失点と悔しい結果に終わったが、二軍では10試合1勝0敗、防御率3.03という成績。3日のファーム交流戦でも6.2回1失点と好投した。チーム4連勝へ向け、粘り強い投球を見せたい。

文・高橋優奈

関連リンク

石川柊太の動画をチェック
【動画】池田隆英の好フィールディング
「鷹の祭典2022in東京ドーム」イベントレポート
清宮幸太郎が11号!今季の本塁打は全て「右翼席へのソロ」

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE