エンスが5回無失点。森友哉が3安打3打点の活躍を見せ埼玉西武が5連勝

パ・リーグ インサイト

2022.6.29(水) 20:49

埼玉西武ライオンズ・エンス投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・エンス投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月29日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第13回戦は、6対2で埼玉西武が勝利。チームは連勝を「5」に伸ばした。

 埼玉西武打線は初回、先頭の川越誠司選手が四球を選ぶと、源田壮亮選手の二塁打で無死2、3塁に。すると森友哉選手が適時打を放ち、幸先よく2点の先制に成功する。森選手は3回裏の2死3塁の場面でも適時二塁打を放ち、追加点を挙げた。

 先発のエンス投手は初回こそ松本剛選手に安打を許したが、以降は3者凡退に切る完璧なピッチングを披露。前半5回を1安打無失点に抑えた。

 6回表は本田圭佑投手がマウンドへ。アルカンタラ選手に四球を与えると、上川畑大悟選手に適時二塁打を浴び、1失点。しかし直後の6回裏に、先頭の森選手が三塁打で出塁しチャンスメイク。続く山川穂高選手の適時二塁打で再び点差を3点に戻すと、栗山巧選手の適時打でさらに1点を追加した。

 7回表以降は水上由伸投手、平良海馬投手がそれぞれ1イニングを3人で抑える。8回裏には外崎修汰選手が4号ソロを放ち、5点リードで迎えた最終回は宮川哲投手が登板。上川畑選手に2号ソロを浴びるも後続を断ち、試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発のエンス投手が5回60球1安打無四球3奪三振無失点と好投。打線では森選手が3安打3打点の活躍を見せた。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の吉田輝星投手を始め、継投陣も踏ん張り切れず。またチーム3安打と打線も振るわなかった。

  123456789 計
日 000001001 2
西 20100201X 6

日 ●吉田輝星-河野竜生-玉井大翔-柿木蓮
西 ○エンス-本田圭佑-水上由伸-平良海馬-宮川哲

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】森友哉 先制の2点タイムリーヒット!
【動画】森友哉 タイムリー2ベースヒットで追加点をあげる!
【動画】山川穂高 チャンスを生かすタイムリ2ベースーヒット!
【動画】栗山巧が3試合連続安打となるタイムリーヒット!

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE