松本航が7.2回1安打0封で4勝目! 山川穂高は均衡を破る先制適時打

2022.6.21(火) 20:49 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・松本航投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・松本航投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月21日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第9回戦は、3対0で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は松本航投手。前回対戦で3回7失点を喫した千葉ロッテを相手に、7回まで安打を許さない。3回裏には荻野貴司選手のセンターを超えそうな打球を愛斗選手がジャンピングキャッチ。バックにも盛り立てられ、援護を待つ。

 好投に応えたい打線だが、千葉ロッテ先発・小島和哉投手の前に6回までノーヒットに抑えられる。しかし7回表、源田壮亮選手が両チーム通じて初の安打を放つと、オグレディ選手も安打で続き無死1、3塁のチャンスをつくり、ここで打席には山川穂高選手。初球を捉えた打球は、センターへの適時打となり埼玉西武が先制に成功した。

 8回表には代わった小野郁投手を攻め立てる。安打と四球で2死1、2塁のチャンスを迎える。オグレディ選手が適時二塁打を打ち、追加点を奪う。続く山川選手は粘りながら四球を選び、打席には外崎修汰選手。初球を捉え、打球は三遊間を抜けた。この回大きな2点が入る。

 松本投手は8回裏2死から荻野貴司選手に安打を許すも、7.2回を投げ109球1安打3四球3奪三振無失点と堂々のピッチング。後続は平良海馬投手、増田達至投手が危なげなく抑え、埼玉西武が3対0で勝ち切った。

 埼玉西武は松本投手が4勝目をマーク。打線ではオグレディ選手が2安打1打点の活躍を見せた。一方敗れた千葉ロッテは、小島投手が6回までノーヒットピッチングを続けるなど7回3安打2四球1失点の好投も、打線が2安打無得点に終わった。
 
  123456789 計
西 000000120 3
ロ 000000000 0

西 ○松本航-平良海馬-S増田達至
ロ ●小島和哉-小野郁-八木彬

文・山岡雄一郎

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】松本航 7回までノーヒットピッチング!
【動画】山川穂高 均衡を破る先制タイムリー!
【動画】オグレディ 貴重な追加点となるタイムリー!
【動画】小島和哉 6回までノーヒットピッチング!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM