ルーキー・福永奨がプロ初安打を放つも、オリックスが5連敗を喫す

2022.6.12(日) 16:55 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 福永奨選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 福永奨選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月12日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、オリックスが1対9で敗れた。

 オリックスの先発・宮城大弥投手は初回、北條史也選手に安打を許すも、佐藤輝明選手から見逃し三振を奪い無失点の立ち上がり。しかし3回表、四死球などで2死1、3塁のピンチを招くと、近本光司選手、佐藤輝選手に連続適時打を浴び2点の先制を許す。

 さらに5回表、安打などで2死満塁のピンチを迎えると、大山悠輔選手の2点適時打で4対0。追加点を許しリードを広げられてしまう。

 オリックス打線は序盤から阪神の先発・ガンケル投手の攻略に苦しみ、4回までルーキー・福永奨選手のプロ初安打のみ。5回裏にマッカーシー選手が安打を放つも得点にはつながらない。

 先発の宮城投手は6回4失点でマウンドを降り、オリックスは継投策へ。しかし7回表、2番手・比嘉幹貴投手が1死2塁のピンチを招き、後を受けた3番手・山田修義投手が佐藤輝選手から2点適時二塁打を浴び、0対6と突き放される。

 8回表は能見篤史投手が今季初登板を無失点で切り抜けるも、9回表にK-鈴木投手が佐藤輝選手に13号3ランを献上し、スコアは0対9に。9回裏は2死から中川圭太選手が安打で出塁し、杉本裕太郎選手が意地の適時二塁打を放って1点を返すも、反撃はここまで。オリックスが1対9で敗れ、5連敗を喫した。

 敗れたオリックスの先発・宮城投手は四死球からテンポを崩し6回6安打4失点と踏ん張れず。打線も相手先発・ガンケル投手の前に8回まで散発3安打に終わり、反撃の糸口をつかめなかった。

  123456789 計
神 002020203 9
オ 000000001 1

神 ○ガンケル
オ ●宮城大弥-比嘉幹貴-山田修義-能見篤史-K-鈴木

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
福永奨 選手名鑑
【動画】福田周平 守備範囲の広さで投手を救う!
【動画】能見篤史 今季初登板で無失点の好投!
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!キャンペーン実施中!

関連チーム記事/TEAM