サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

【ファーム】リリーフが崩れ埼玉西武が敗戦。ジャンセンが来日初アーチ

2022.6.10(金) 17:50 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・ジャンセン選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・ジャンセン選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月10日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第8回戦は、2対5で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武先発の内海哲也投手は初回、連打で1、2塁のピンチを招くと、西田明央選手の適時打で先制を許す。しかし以降は立ち直り、5回までを無安打に抑え、5回3安打2四球3奪三振1失点でマウンドを降りた。

 打線は5回裏にジャンセン選手の1号ソロで同点に追い付くと、源田壮亮選手が二塁打で好機をつくり、渡部健人選手の適時打で勝ち越しに成功。6回表は、公式戦初登板の羽田慎之介投手が3者凡退に抑え、2対1で試合は終盤へ。

 このまま逃げ切りたい埼玉西武だったが、7回表に大曲錬投手が3安打で2死満塁とされ、青木宣親選手の3点適時二塁打で逆転を許す。8回表には田村伊知郎投手が中山翔太選手の適時打で1点を失うと、打線は6回以降得点を挙げられず、2対5で試合終了。

 埼玉西武は、先発内海投手が5回1失点投球も、大曲投手が1回4安打3失点、田村投手が1回3安打1失点とリードを守りきれず。打線ではジャンセン選手が来日初本塁打を放ったが、計9安打も2得点と好機を生かしきれなかった。

  123456789 計
ヤ 100000310 5
西 000020000 2

ヤ 寺島成輝-○久保拓眞-杉山晃基-坂本光士郎-S小澤怜史
西 内海哲也-羽田慎之介-●大曲錬-田村伊知郎-松岡洸希

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】内海哲也 5回3安打1失点の好投
【動画】ジャンセンの来日初アーチ
【動画】渡部健人のタイムリーで勝ち越し
【動画】羽田慎之介 初登板を3者凡退に

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM