サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

レイが124球の熱投で今季初完封! デスパイネにも一発が生まれた鷹がカード勝ち越し

2022.6.9(木) 21:12 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、4対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、2つの四球と安打で1死満塁の好機を得ると、中村晃選手の内野ゴロの間に1点を先制。3回裏はグラシアル選手、4回裏には牧原大成選手が適時打を放ち、着実に点差を突き放す。5回裏は「​​真っ直ぐを完璧に捉えることができた」とデスパイネ選手の2号ソロで4点目を挙げた。

 先発のレイ投手は、序盤から4者連続三振を奪う立ち上がりを披露。以降は走者を抱えながらも無失点で切り抜けた。今季最長となる8回のマウンドも危なげなく3人で打ち取り、スコアは4対0のまま9回へ。

 レイ投手は最終9回も続投。球数は120球を超え、走者も3塁まで進める苦しい展開となったが、最後は糸原健斗選手を打ち取り、試合終了。昨年7月以来の完封勝利を達成した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、前半から細かく得点を重ねる展開で主導権を握った。打ってはグラシアル選手、デスパイネ選手がそれぞれマルチ安打、打点も記録。投げてはレイ投手の好投と、助っ人陣が躍動した。チームも連勝でカード勝ち越しを決めている。

  123456789 計
神 000000000 0
ソ 10111000X 4

神 ●ウィルカーソン-渡邉雄大-加治屋蓮-石井大智-ケラー
ソ ○レイ

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】グラシアルのタイムリーで追加点
【動画】11試合連続安打中!牧原大成のタイムリー
【動画】デスパイネ 中段への2号ソロ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM