ロメロが6回0封で4月以来の白星。レアードが2打点を挙げ、千葉ロッテが連敗脱出

2022.5.29(日) 16:55 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月29日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、3対2で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発はロメロ投手。初回に2安打と四球で無死満塁のピンチを招いたが、後続を打ち取って無失点に抑える。2回以降も要所を締める投球で得点を与えず、6回6安打2四球7奪三振無失点と試合をつくった。

 打線は2回裏に佐藤都志也選手の四球、岡大海選手の安打で好機をつくり、高部瑛斗選手の適時打で1点を先制。3回裏には角中勝也選手、佐藤選手の安打などで2死2、3塁から、レアード選手の適時二塁打で2点を追加した。

 継投に入った千葉ロッテは、7回表を東條大樹投手が無失点でつなぐ。8回表にゲレーロ投手が佐藤輝明選手の12号2ランで1点差に詰め寄られたが、リードは譲らず。9回表を守護神・益田直也投手が締め、3対2で試合は終了した。

 勝利した千葉ロッテは、ロメロ投手が4月22日以来となる3勝目をマーク。打線はレアード選手が2安打2打点と躍動、荻野貴司選手は復帰から3試合連続安打を放った。

  123456789 計
神 000000020 2
ロ 01200000X 3

神 ●伊藤将司-加治屋蓮-アルカンタラ
ロ ○ロメロ-東條大樹-ゲレーロ-S益田直也

文・東海林諒平

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
ロメロの動画/成績をチェック
【動画】高部瑛斗 技ありの先制タイムリー
【動画】レアードの2点タイムリーツーベース
「ドラクエウォーク」パ6球団コラボ 今季も開催!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM