サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

T-岡田が復帰弾を含む3打点! 宮城大弥も7回0封と好投したオリックスが快勝

2022.5.29(日) 15:45 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月29日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと中日の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、8対0でオリックスが快勝した。

 オリックスの先発は宮城大弥投手。初回に1死2塁のピンチを背負ったが、3番・鵜飼航丞選手を見逃し三振、4番・ビシエド選手を空振り三振に切り、無失点で切り抜ける。すると打線は1回裏、無死1、3塁から3番・中川圭太選手の適時内野安打で1点を先制した。

 さらに2回裏、7番・野口智哉選手の安打と2つのバッテリーミスにより1死3塁の好機を得ると、8番・伏見寅威選手の打球が相手の野選を誘い、1点を追加。続く太田椋選手は右中間を割る適時二塁打を放ち、点差を3点に広げた。

 3回裏にT-岡田選手、伏見選手の犠飛で2点を挙げると、5回裏にはT-岡田選手に適時二塁打が生まれ、スコアは6対0に。頼もしい援護をもらった宮城投手は緩急自在の投球で中日打線を翻ろうし、7回107球5安打5奪三振無失点でマウンドを降りた。

 6点リードの7回裏は、杉本裕太郎選手、T-岡田選手の2者連続弾で2点を追加。8回表を黒木優太投手が3者凡退に抑えると、最終9回表はK-鈴木投手が締め、8対0で試合終了。

 勝利したオリックスは、宮城投手が7回無失点の好投で自身4連勝。打線では、この日一軍昇格したT-岡田選手が1号ソロを含む3打点をマーク。序盤から着実に得点を重ねるなど、終始試合の主導権を握った。

  123456789 計
中 000000000 0
オ 12201020X 8

中 ●柳裕也-藤嶋健人-田島慎二-谷元圭介-根尾昂
オ ○宮城大弥-黒木優太-K-鈴木

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】中川圭太 先制の適時内野安打
【動画】太田椋 適時二塁打を放つ
【動画】T-岡田 2打席連続で打点を挙げる
「ドラクエウォーク」パ6球団コラボ 今季も開催!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM