山崎福也が7回1失点で待望の今季初勝利! オリックスが巨人との接戦を制する

2022.5.26(木) 21:15 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、東京ドームで行われた巨人とオリックスの「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、3対2でオリックスが勝利。連敗を「2」でストップさせ、今季の交流戦初勝利を記録した。

 連敗中のオリックスは初回、1番・福田周平選手、2番・宗佑磨選手の連打などで1死2、3塁とすると、4番・中川圭太選手が11球粘った末にレフトへの犠飛を放ち、巨人先発・菅野智之投手から先制点を奪う。さらに3回表には、再び1死2、3塁から中川圭選手の内野ゴロで1点を追加した。

 オリックスの先発・山崎福也投手は、立ち上がりから持ち味の緩急を生かし、3回まで巨人打線を完璧に抑え込む投球を披露する。しかし4回裏、先頭の丸佳浩選手に右中間スタンドへの一発を浴び、1点を失ってしまう。

 1点差に迫られて迎えた5回表、先頭の福田選手が二塁打でチャンスをつくると、1死3塁としたところから途中出場・宜保翔選手の犠飛で再び2点差まで広げた。

 山崎福投手は5回裏に2死2塁のピンチを凌いで勝利投手の権利を手にすると、6回裏、7回裏もそれぞれ走者を背負った場面を切り抜けた。8回裏は2番手・本田仁海投手が丸選手に適時打を浴びて1点を失うも、2死1、3塁のピンチでは巨人の4番・岡本和真選手から空振り三振を奪い、リードを保つ。1点差で迎えた9回裏は守護神・平野佳寿投手が締め、3対2で試合終了。
 
 勝利したオリックスは、先発の山崎福投手が7回109球4安打5奪三振1失点の内容で待望の今季初勝利。打線では中川圭選手が2打点の活躍。杉本裕太郎選手は4安打の固め打ち、福田選手は3安打1盗塁をマークし、マルチ安打を記録した宗選手は11試合連続安打となった。

  123456789 計
オ 101010000 3
巨 000100010 2

オ ○山崎福也-本田仁海-S平野佳寿
巨 ●菅野智之-高梨雄平-畠世周-デラロサ

文・和田信

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
山崎福也 選手名鑑
杉本裕太郎の動画/記事/成績はこちら
本日2打点の活躍を見せた中川圭太選手をチェック
パ・リーグ6球団マスコットグッズ特集2022

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM