レアードがホームラン含む3打点! 千葉ロッテは交流戦最初のカードを勝ち越し

2022.5.26(木) 21:35 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、マツダスタジアムで行われた広島と千葉ロッテの「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、6対3で千葉ロッテが勝利した。
 
 試合は序盤から点の取り合いとなる。千葉ロッテは先制された直後の2回表、無死1塁でレアード選手がレフトスタンドへ2ランを放ち逆転に成功。3回表には1死1、3塁でマーティン選手が初球をライト前へ運び、リードを広げた。
 
 援護をもらった先発の河村説人投手だったが、初回、3回裏と失点。最少失点にはとどめたものの、3回6安打2失点でマウンドを降りた。後を継いだ2番手・小沼健太投手も広島打線の流れを止められず。2死2塁で野間峻祥選手に適時二塁打を浴び、試合は振り出しに戻った。
 
 しかし打線が試合の主導権を渡さない。5回表、中村奨吾選手の四球、佐藤都志也選手の安打などで1死1、3塁とする。その後レアード選手、角中勝也選手の連続適時打で勝ち越しを決めると、エチェバリア選手にも犠飛が生まれ、再び3点差とした。
 
 6回裏以降は小野郁投手、東條大樹投手、ゲレーロ投手とつなぎ、反撃の隙を与えず。最後はクローザー・益田直也投手が締め、6対3で試合終了。

 千葉ロッテは2回表、5回表と、点を取られた直後に打線がつながり、流れを渡さなかった。先発・河村投手が3回で降板するも、リリーフ陣が5投手で6回1失点と踏ん張った。投打に良いところが出た千葉ロッテがカード勝ち越しを決めた。

  123456789 計
ロ 021030000 6
広 101100000 3

ロ 河村説人‐○小沼健太-小野郁‐東條大樹-ゲレーロ‐S益田直也
広 ●九里亜蓮-薮田和樹-ターリー‐松本竜也‐ケムナ誠

文・山岡雄一郎

関連リンク

試合詳細はこちら
レアード選手の動画はこちら
年々顔ぶれが変わる韋駄天最前線 内野安打一塁到達時間 TOP5
パ・リーグ6球団マスコットグッズ特集2022
選手の好プレーをラインナップ「パ・リーグ Exciting Moments β」

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM