延長10回にマーティンがサヨナラホームラン! 千葉ロッテが投手戦を制す

2022.5.18(水) 21:29 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月18日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ対東北楽天の第10回戦は、1対0で千葉ロッテが延長戦を制した。

 千葉ロッテは、今季初勝利を目指す小島和哉投手が先発のマウンドに上がった。初回から両コーナーに丁寧に投げ分け、東北楽天打線を抑えていく。3回表には、先頭の辰己涼介選手に三塁打を許しピンチを迎えたが、後続を打ち取り無失点で切り抜けた。

 一方の打線だが、東北楽天投手陣の前に5回まで1安打と抑え込まれる。両チーム無得点のまま試合は後半へ。

 援護を待つ小島投手は気迫の投球を続ける。6回表、7回表ともに走者を背負うが、落ち着いて後続を断ち、得点を許さない。小島投手は7回111球4安打2四球5奪三振無失点の内容で降板した。打線は7回裏に、先頭の佐藤都志也選手が四球で出塁。安田尚憲選手の安打で2死1、2塁のチャンスを迎えるが、岡大海選手が内野ゴロに打ち取られて、0対0の状態が続く。

 8回表からはゲレーロ投手が登板。3者凡退に抑える好リリーフで流れをつくる。9回表には、守護神の益田直也投手が浅村栄斗選手から始まる好打順を無失点に抑えるが、打線の援護がなく試合は延長戦に突入する。

 10回表に東條大樹投手は1死3塁のピンチを背負ったが、代打・銀次選手を内野ゴロ、西川遥輝選手を見逃し三振に仕留めて、得点を許さない。すると10回裏、先頭のマーティン選手が振り抜いた打球が、ライトスタンドに飛び込む2号サヨナラホームランとなり試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発した小島投手が7回無失点の好投を見せると、リリーフ陣も無失点リレーでつないだ。最後はマーティン選手の一振りで試合を決めた。一方、敗れた東北楽天は石橋良太投手が緊急登板ながら試合をつくるも、打線の援護が最後までなかった。

  12345678910 計
楽 0000000000  0
ロ 0000000001X 1

楽 涌井秀章-石橋良太-安樂智大-宋家豪-松井裕樹-●酒居知史
ロ 小島和哉-ゲレーロ-益田直也-○東條大樹

文・木村圭

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】マーティンのサヨナラホームラン
【動画】小島和哉 7回0封で流れを渡さない
【動画】益田直也 インサイドへのストレートで見逃し三振を奪う
【動画】松井裕樹 3者連続三振を奪う

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM