北海道日本ハム野村、顔面付近に死球を受け倒れ込む 負傷交代に騒然…オリックス山岡は危険球退場

Full-Count

2022.5.17(火) 19:05

頭部に死球を受けて倒れ込む北海道日本ハム・野村佑希※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)
頭部に死球を受けて倒れ込む北海道日本ハム・野村佑希※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)

オリックス・山岡泰輔が投じたストレートが顔面付近に直撃

■オリックス ー 北海道日本ハム(17日・ほっと神戸)

 北海道日本ハムの野村佑希内野手が17日、ほっと神戸で行われたオリックス戦に「4番・三塁」でスタメン出場も、4回の第2打席で頭部に死球を受け負傷交代。オリックスの山岡泰輔投手は3回途中で危険球退場となった。

 球場が静まり返ったのは4回だった。野村は1死二塁の場面で打席に向かうとカウント1-1からの3球目。山岡の投じた直球が顔面付近に直撃すると、その場に倒れ込んだ。野村は起き上がることができず、流血する場面も見られ、スタッフらに囲まれながらベンチ裏に引き下がった。そのまま負傷交代となり一塁の代走には水野が送られた。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE