則本昂大が粘投し東北楽天の連敗は「4」でストップ。マルモレホスは1本塁打3打点の活躍

2022.5.15(日) 16:49 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月15日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東北楽天の第8回戦は、3対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発は則本昂大投手。初回、2回裏は無失点に抑える立ち上がりを見せたが、3回裏には先頭の愛斗選手に二塁打を許し、1死3塁のピンチを招く。次打者の6球目を太田光選手が後逸し、その間に愛斗選手が生還。先制点を与えてしまう。

 しかし直後の4回表、島内宏明選手が8球粘って四球を選ぶと、マルモレホス選手が第4号2ランを放ち逆転に成功。マルモレホス選手は「打ったのはカーブ。先制された後だったので取り返すことができて良かったよ。チームの連敗を止められるように、ノリモトに勝ちを付けられるように、次の打席も頑張るヨ」と振り返った。

 則本投手は7回裏、二塁打と2つの四球で満塁のピンチを迎えたが、最後は滝澤夏央選手を三振に切り、無失点でしのぐ。8回裏にマウンドに上がった宋家豪投手も、連打で無死2、3塁と一打逆転の危機を迎えたが、中村剛也選手と栗山巧選手から三振を奪うと、柘植世那選手も外野フライに打ち取って無失点で切り抜けた。

 打線は9回表、浅村栄斗選手が安打で出塁すると、相手バッテリーのミスの間に3塁へ。島内選手が四球を選び1死1、3塁としたところでマルモレホス選手が犠飛を放ち、貴重な1点を追加した。9回裏は松井裕樹投手が3者凡退に切って試合終了。

 勝利した東北楽天は、先発の則本投手が7回5安打5奪三振3四球1失点(自責点0)の内容で今季2勝目。リリーフ陣も無失点でつないだ。打線では島内選手が2安打を含め5出塁。マルモレホス選手はチームの全打点をマークする3打点の活躍を見せた。一方敗れた埼玉西武は、何度も得点圏にランナーを置いたが後が続かず。カード3連勝とはならなかった。

  123456789 計
楽 000200001 3
西 001000000 1

楽 ○則本昂大-宋家豪-S松井裕樹
西 ●エンス-森脇亮介-本田圭佑-十亀剣-水上由伸

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】逆転弾!! マルモレホスの第4号2ラン!!
【動画】則本昂大 7回123球1失点の熱投!!
【動画】宋家豪 一打逆転のピンチを切り抜ける!!
今季2勝目! 則本昂大の動画をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM