前代未聞!?球場でテント泊!「ライオンズ夏祭り2022」7月に開催

2022.5.19(木) 07:00 パ・リーグ インサイト
球場キャンプイメージ(C)seibu lions
球場キャンプイメージ(C)seibu lions

イベント目玉はベルーナドームでのキャンプ体験

 埼玉西武ライオンズが「ライオンズ夏祭り2022」を初開催する。

 毎年夏の恒例イベントとして7月22日(金)から開催する大型シリーズ企画「ライオンズフェスティバルズ2022」のプレイベントとして、7月16日(土)~18日(月・祝)の期間中、ベルーナドームにて、キャンプや盆踊り、バーベキューや縁日など、夏ならではのイベントを存分に楽しめるようにと企画された。

 企画の背景には、コロナ禍でアウトドアブームが再燃している昨今、ドームでの新しい楽しみ方や魅力を伝え、野球やベルーナドームを身近に感じてほしいという球団の思いがある。

 目玉は滞在型イベント。なんと、球場でキャンプ泊という、前代未聞のイベントが予定されている。

「トレインキャンプ」では、ベルーナドームライトスタンド後方のトレイン広場に展示されている電車車両「L-train101」で1日1組限定で一晩滞在できる。また「球場キャンプ」では、ベルーナドームのグラウンドでキャンプをすることが可能に。

 外崎修汰選手も「ついに自然豊かな僕らのベルーナドームがキャンプ場になるんですね!都心からも近いのでどなたでも気軽に行けますし、正直僕も行きたいです(笑)」と広報を通じてコメント。電車の中での非日常体験や、半ドームであるベルーナドームならではの体験が楽しめるはずだ。

 日帰りでも楽しめるイベントも多数開催予定。ベルーナドームのグラウンド内で行われる盆踊りや、メインゲート付近には夏祭りの象徴でもある縁日・屋台が出店。レオやライナたちと共にお祭りを満喫できる。

 その他にも、開催期間中に行われている北海道日本ハムとの試合を「Lビジョン」でパブリックビューイング観戦を楽しめる。ドームに隣接する開放的なDAZNデッキでバーベキューができるプランや、レストランでのビュッフェプランも事前予約でお申込みができる。お子さま向けの「カブトムシ・クワガタふれあい体験」や「丸太切り体験」など、都会ではなかなか体験できないイベントも開催予定だ。

 さらには外崎選手が「過去イチ気に入っている」という「ライオンズフェスティバルズ2022」の限定ユニフォーム「WILD WILDユニフォーム」をいち早く入手できるチャンスも。各プランの詳細・予約は5月20日(金)から順次、特設サイトにて。

ライオンズ夏祭り2022 特設サイト
https://bellunadome.seibulions.co.jp/special/2022/top/

ライオンズフェスティバルズ2022 特設サイト
https://www.seibulions.jp/special/festivals/

バーベキュープランイメージ(C)seibu lions
バーベキュープランイメージ(C)seibu lions

◇ライオンズ夏祭り2022開催概要

開催日程:2022年7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)
開催時間:オープン 10:00/クローズ 20:00
開催場所:ベルーナドーム(西武鉄道狭山線、山口線「西武球場前」すぐ)
実施内容:トレインキャンプ/球場キャンプ/日帰り予約席/パブリックビューイング/盆踊り/縁日・屋台/カブトムシ・クワガタふれあい体験/丸太切り体験/ライオンズフェスティバルズ2022グッズ、グルメの一部先行販売など
料金:ベルーナドームへの入場は無料。キャンプ、食事、縁日など、各体験は有料。

※グラウンドへの入場はキャンプを予約された方のみ。
※記載の内容は5/13(金)現在の情報です。詳細は公式ページをご参照ください。
※写真はすべてイメージです。
※価格はすべて税込です。

関連リンク

沖縄セルラースタジアム那覇で沖縄出身選手が躍動! 2連戦の活躍まとめ
今年もドラクエウォークがやってくる! 「メタルスライムボール」付きの観戦チケットも
埼玉西武・滝澤夏央がプロ初安打を放つ! 支配下登録後、即スタメンに抜てき
「投高打低」が10年ぶりの水準に? 今だからこそ、“2011~12年”を振り返る

関連チーム記事/TEAM