杉山一樹が今季初勝利! 福岡ソフトバンクが13安打の猛攻で破竹の6連勝

2022.5.8(日) 16:23 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・杉山一樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月8日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第8回戦は、8対4で福岡ソフトバンクが勝利。

 福岡ソフトバンクは初回、千葉ロッテの先発・ロメロ投手から四死球などで2死1、2塁とすると、5番・中村晃選手が適時二塁打を放ち幸先よく1点を先制。しかし続く1回裏、先発・杉山一樹投手は、先頭の高部瑛斗選手に安打を許すと、2番・菅野剛士選手に1号2ランを浴び、逆転を許してしまう。

 追い付きたい福岡ソフトバンク打線は3回表、今宮健太選手、柳田悠岐選手の連打で1死1、2塁の好機をつくると、中村晃選手が2打席連続となる適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。さらに中谷将大選手の犠飛で3対2とし、勝ち越しに成功する。

 止まらない打線は4回表、リチャード選手の安打、四球などで2死1、2塁とすると、3番・柳田悠岐選手、グラシアル選手が連続適時打を放ちこの回一挙3得点。福岡ソフトバンクがリードを4点に広げる。

 さらに5回表、千葉ロッテの2番手・佐々木千隼投手から中谷選手の安打などで2死3塁とすると、甲斐拓也選手、今宮選手から適時打が生まれ2点を追加。スコアを8対2とし試合の主導権を握る。

 しかし6回裏、四死球、菅野選手の安打などで無死満塁のピンチを迎えた場面で、先発・杉山投手は降板し継投策へ。2番手・嘉弥真新也投手が佐藤都志也選手の内野ゴロの間に1点、続く3番手・藤井皓哉投手もレアード選手の犠飛で1点を失い、千葉ロッテにこの回2点を返される。

 逃げ切りたい福岡ソフトバンクは、7回裏を津森宥紀投手、8回裏は又吉克樹投手が無失点リレーで切り抜けると、9回裏はモイネロ投手が危なげなく3人で締めくくり試合終了。福岡ソフトバンクが8対4で勝利した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発・杉山投手が5.0回4安打4失点で今季初勝利。打線も13安打と3試合連続2桁安打を記録。小刻みに得点を重ねて試合を優位に運び、6連勝を飾った。一方敗れた千葉ロッテは、先発・ロメロ投手が4回7安打6失点と序盤からピンチを招く苦しい投球内容。投打ともに振るわず、チームは4連敗を喫した。

  123456789 計
ソ 102320000 8
ロ 200002000 4

ソ ○杉山一樹-嘉弥真新也-藤井皓哉-津森宥紀-又吉克樹-モイネロ
ロ ●ロメロ-佐々木千隼-東條大樹-小野郁-西野勇士

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
杉山一樹 成績/動画をチェック
【動画】中村晃 先制のタイムリーツーベース!
【動画】柳田悠岐・グラシアル 2者連続のタイムリー
【動画】今宮健太 7試合連続安打となるタイムリー

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM