大関友久が116球熱投でプロ初完封! 打っては今季最多20安打16得点の鷹が快勝

2022.5.7(土) 17:38 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月7日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第7回戦は、16対0で福岡ソフトバンクが勝利。投打ががっちりとかみ合い、5連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクは初回、三森大貴選手の先頭打者弾で先制に成功する。さらに2回表には上林誠知選手、今宮健太選手の連打で1死1、3塁とし、甲斐拓也選手のスクイズで追加点をもぎとった。

 打線の勢いは止まらず、3回表にも1死2、3塁の好機を演出。中村晃選手、上林選手に適時打が生まれ、5対0と千葉ロッテを突き放す。上林選手は5回表にも適時三塁打を放ち、打率を3割台に乗せた。

 早い段階から援護をもらった先発の大関友久投手は、2回途中から1人の走者も許さない抜群の投球を披露する。その快投に応えるように打線は得点を重ね、8回表には谷川原健太選手の適時打などで2点を追加。9回表にも、柳田悠岐選手の2ランを含む7連打などで8得点を挙げた。

 8回を終えた時点で自己最多の105球を投じていた大関投手だが、自身初の完封を目指して最終回のマウンドへ。116球3安打6奪三振無失点の内容で9回を投げきり、16対0で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の大関友久投手がプロ初完投初完封勝利。2回から9回にかけては打者22人を連続でアウトにする圧巻の投球を見せた。依然として打線も好調で、共に今季最多となる20安打16得点を記録している。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の石川歩投手が3回7安打5失点と乱調。救援陣も佐々木千隼投手を除く3投手で11失点を喫し、流れを取り戻すことができなかった。

  123456789 計
ソ 113010028 16
ロ 000000000 0

ソ ○大関友久
ロ ●石川歩-小沼健太-佐々木千隼-中村稔弥-田中靖洋

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
大関友久 成績/動画をチェック
【動画】三森大貴 先頭打者ホームランを放つ!
【動画】猛打賞!上林誠知 タイムリースリーベース
【二軍動画】森唯斗が1回を無失点に抑える!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM