【ファーム】笹川吉康が決勝の3点適時二塁打! 10安打6得点で福岡ソフトバンクが勝利

2022.5.6(金) 16:14 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・笹川吉康選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・笹川吉康選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月6日、杉本商事バファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦第7回戦は、6対3で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は高橋礼投手。初回に連打で1死1、3塁のピンチを招くと、太田椋選手に適時二塁打を浴びて先制を許す。しかし2回以降は、直球を効果的に内角に織り交ぜ、打たせて取る投球を展開。走者を出しながらも相手打線を抑え、味方の援護を待つ。

 打線は4回表、真砂勇介選手の2号ソロで同点に追い付く。さらに、渡邉陸選手、野村大樹選手の安打などで1死満塁とすると、笹川吉康選手が走者一掃の3点適時二塁打を放ち、逆転に成功。この回一挙4得点で試合をひっくり返した。

 5回表にも、デスパイネ選手の安打と渡邉陸選手の死球で1死1、2塁とすると、増田珠選手の適時二塁打などで、2点を追加した。打線の援護を受けた高橋礼投手だったが、5回裏に守備のエラーも絡んで2失点。スコアは6対3となり、試合は後半戦へ。

 6回裏も高橋礼投手が続投。渡部遼人選手の二塁打などで2死2、3塁のピンチを招くが後続を打ち取る。6回99球9安打1四球1奪三振3失点(自責点1)の内容で降板した。

 投手陣は7回裏から、椎野新投手、中村亮太投手とつなぎ、最終回は甲斐野央投手が無失点で締めて試合終了。勝利した福岡ソフトバンクは、先制されたものの真砂選手の本塁打で追い付くと、打線がつながり一気に逆転した。笹川吉康選手が決勝打、増田選手が2打点の活躍を見せた。一方のオリックスは、宜保翔選手が4安打を放つなど、チーム計11安打を記録したが、3得点と残塁が目立った。

  123456789 計
ソ 000420000 6
オ 100020000 3

ソ ○高橋礼-椎野新-中村亮太-S甲斐野央
オ ●佐藤一磨-吉田凌-宇田川優希-中田惟斗-海田智行-漆原大晟

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】真砂勇介 同点となる2号ソロ
【動画】笹川吉康 走者一掃の適時二塁打
【動画】増田珠 適時二塁打
今季初対戦の佐々木朗希を鷹打線はどう攻める? 藤本監督が描く“攻略プラン”は

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM