9安打7得点と打線が奮起した千葉ロッテが勝利! 安田尚憲は2安打2打点の活躍

2022.5.4(水) 16:30 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月4日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第7回戦は、7対5で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは初回から打線が奮起する。高部瑛斗選手の四球、和田康士朗選手の安打と盗塁で1死2、3塁の場面をつくると、佐藤都志也選手にセンターへの適時打が飛び出し、2点を先取。さらに連打で続いたチャンスからは、菅野剛士選手、レアード選手、安田尚憲選手に3者連続の適時打が生まれ、この回5連打を含む打者一巡の猛攻で5点を奪った。
 
 序盤から大量リードを奪った打線は、その後も攻撃の手を緩めない。3回表には1死から菅野選手がライトフェンス直撃の二塁打で出塁すると、なおも2死3塁からは安田選手に2打席連続となる適時打が生まれて1点を追加。続くエチェバリア選手にも左中間フェンス直撃の適時二塁打が飛び出し、スコアは7対0に。
 
 序盤から打線の大量援護を受けた千葉ロッテ先発・河村説人投手は、立ち上がりから走者を許しながらも、3回裏からは2イニング続けて3人で打ち取る投球を見せる。しかし5回裏、四球と安打で2死1、2塁とされたところからオグレディ選手、外崎修汰選手、山川穂高選手に3者連続適時打を浴び、4点を失ってしまう。

 千葉ロッテは3点差とされて迎えた6回から継投へ。6回裏は小野郁投手が3者連続三振を奪う好救援を見せ、7回裏は東條大樹投手が2死1、2塁のピンチを抑えてリードを保つ。8回裏も西野勇士投手が無死1、2塁のピンチを招きながらも無失点でつなぐと、9回裏は益田直也投手が4月24日以来となるマウンドへ。1死2塁から外崎選手に適時打を浴びて失点を喫するも、最後は2死2塁の場面で中村剛也選手から空振り三振を奪い、7対5で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、今季初登板となった先発の河村説人投手が5回85球6安打3四球2奪三振4失点の内容で今季初勝利。打線では「4番・捕手」で起用された佐藤選手が先制打、安田選手は再昇格後初安打を含む2安打2打点をマークした。

 一方敗れた埼玉西武は、先発の松本投手が3回9安打1四球3奪三振7失点(自責点6)と役割を果たせず。5回裏に集中打で4点を返した打線は、最終回に源田壮亮選手の二塁打を皮切りに詰め寄るも、反撃及ばなかった。 

  123456789 計
ロ 502000000 7
西 000040001 5

ロ ○河村説人-小野郁-東條大樹-西野勇士-S益田直也
西 ●松本航-ボー・タカハシ-森脇亮介-十亀剣-佐野泰雄

文・和田信

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】4番起用に応えた!佐藤都志也の先制タイムリー!
【動画】再昇格後初安打!安田尚憲のタイムリー!
【動画】安田尚憲 2打席連続となるタイムリー!
【動画】3者連続三振!小野郁のパーフェクトリリーフ!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM