【ファーム】あと一本が出ず、福岡ソフトバンクが中日に惜敗。椎野新は2回0封

2022.5.3(火) 17:27 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・椎野新投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・椎野新投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月3日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと中日ドラゴンズのウエスタン・リーグ公式戦、第7回戦は、3対5で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発は杉山一樹投手。初回は四球で走者を出すも、無失点で切り抜け上々の立ち上がりをみせる。しかし2回表、無死2塁のピンチを背負うと、石岡諒太選手の適時打で先制を許し、2回を投げ切ったところで降板。2回34球2安打1四球3奪三振1失点の投球内容で中継ぎ陣に後を託し、3回表からは田上奏大投手がマウンドにあがった。

 一方の打線は3回裏、2死から2番・ガルビス選手の四球、3番・緒方理貢選手の右二塁打で2、3塁の好機をつくる。続く4番・デスパイネ選手がセンターへライナー性の当たりを放つと、この打球が相手の失策を誘い走者2人が生還。2対1と逆転に成功する。

 しかし5回表、これまで好投を続けてきた田上投手が中日打線に捕まる。2死から、安打と死球などで満塁のピンチを招くと、根尾昂選手に走者一掃の適時三塁打を浴び、2対4に。さらに6回表には、石岡選手の2塁打などで1死1、3塁から、大野奨太選手に犠飛を浴び、2対5とされた。

 打線は4回以降、中日投手陣を前に無得点に抑えられる。9回裏には、先頭の佐藤直樹選手の二塁打と真砂勇介選手の安打で無死1、3塁の好機をつくるも、反撃は増田珠選手の犠飛による1点のみ。粘りをみせたが相手守護神・マルク投手を打ち崩せず、3対5で敗戦した。

 福岡ソフトバンクは、緒方選手、真砂選手がそれぞれ2安打の活躍。投げては3番手の椎野新投手が2回無失点、4番手の岡本直也投手が1回無失点の好投をみせ、首脳陣に好調さをアピールした。

  123456789 計
中 010031000 5
ソ 002000001 3

中 ○岡野祐一郎-谷元圭介-Sマルク
ソ 杉山一樹-●田上奏大-椎野新-岡本直也

文・谷島弘紀

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】緒方理貢の二塁打!
【動画】真砂勇介のファインプレー!
【動画】強肩!佐藤直樹がライトゴロを成立させる
【動画】椎野新のパーフェクトリリーフ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM