【ファーム】松井友飛が5回1安打0封! 打線も爆発した東北楽天が大勝

2022.5.3(火) 16:41 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・松井友飛投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・松井友飛投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月3日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第4回戦は、9対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・松井友飛投手は、相手を寄せ付けない投球を披露。初回をわずか9球で3者凡退に切ってとると、2回以降も躍動感あるフォームからテンポよくボールを投げ込んだ。4回表に、川越誠司選手に安打を浴びるも、許した安打はこの1本だけ。新人らしからぬ投球で埼玉西武打線を無失点に抑え、5回を投げ切った。

 一方の打線は初回、相手先発・出井敏博投手の立ち上がりを攻める。先頭の1番・武藤敦貴選手が安打で出塁すると、すかさず盗塁を決めて得点圏に。1死をとられるも、3番・マーキ選手の右適時打で先制、その後も2者連続四球で満塁の好機をつくると、6番・安田悠馬選手の内野ゴロの間に走者1人が生還し、2対0とする。

 2回裏には武藤選手、釜元豪選手の2者連続二塁打で1点を追加、5回裏にも先頭の武藤選手が二塁打で出塁すると、釜元選手に適時内野安打が生まれ4対0と突き放す。なおも盗塁などで1死2塁と再び得点圏に走者を置くと、4番・岡島豪郎選手の左適時二塁打で5点目。好投を続ける先発・松井投手を強力に援護する。

 東北楽天打線は6回以降も得点を重ねる。6回裏には3連打で無死満塁の好機をつくると、武藤選手が適時打を放ち、2点を追加。7回裏には、オコエ瑠偉選手の適時打などでさらに2点を挙げ、9対0とした。

 先発・松井友投手の後を受けた救援陣も好投。6回表を渡邊佑樹投手、7回表を内間拓馬、8回表を藤平尚真と無失点でつなぐ。最終9回表は、石田駿投手が川越選手に一発を浴びるも、後続を断って試合を締めた。

 勝利した東北楽天は先発・松井友投手が好投。5回73球1安打1四球4奪三振無失点の投球内容だった。また打線も爆発し、武藤選手が4安打2打点の活躍、オコエ選手、釜元選手がそれぞれ2安打の活躍で存在感を示した。敗れた埼玉西武は、投手陣が相手打線の勢いを止められず。打線も川越選手の2安打のみと沈黙した。

  123456789 計
西 000000001 1
楽 21002220X 9

西 ●出井敏博-松岡洸希
楽 ○松井友飛-渡邊佑樹-内間拓馬-藤平尚真-石田駿

文・谷島弘紀

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】松井友飛 5回無失点の好投!
【動画】釜元豪のタイムリー二塁打!
【動画】武藤敦貴 本日4安打目が2点タイムリーに!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM