藤井聖が6回0封でプロ初勝利! 西川遥輝に先頭打者弾が生まれた東北楽天が勝利

2022.4.28(木) 21:33 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・藤井聖投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・藤井聖投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月28日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと東北楽天の第5回戦は、2対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、先頭の西川遥輝選手が本塁打を放ち、先制に成功。今季2本目となる先頭打者弾は、プロ初先発の藤井聖投手を援護する4号ソロとなった。西川選手も「藤井君に『5回までに3点取る』と言っていたので、まずは先制できて良かったです」と藤井投手を後押しした。

 打線は5回まで1点にとどまったが、一方の藤井投手が好投を披露。初回を3者凡退に切って取ると、打たせて取る投球で千葉ロッテ打線をかわす。5回裏には1死1、2塁のピンチを招いたが、後続を切りここを無失点。6回4安打4奪三振無失点、さらには無四球の安定感で堂々の一軍初登板を飾ってみせた。

 打線は7回表、辰己涼介選手と炭谷銀仁朗選手の連打でチャンスをつくる。西川選手の安打では相手の好返球で本塁を封じられるも、続く代打・銀次選手が適時内野安打を放ち、1点を追加した。

 7回裏からは西口直人投手が登板。代打・佐藤都志也選手に適時打を浴びたが、1失点にしのぐと、8回裏は宋家豪投手が3人で抑える。9回裏は連投中の松井裕樹投手ではなく、安樂智大投手がマウンドへ。主軸を3人で抑え、試合終了。

 勝利した東北楽天は、藤井投手が一軍公式戦初登板で初勝利をマーク。6回73球の好投に「とにかく細かいことは考えず、腕を振ることができました。自分の中では100点です」と好感触。さらに「ここがスタートなので、こういうピッチングを積み重ねていきたいですね」と前を向いた。打線は西川選手が本塁打含む2安打1打点、銀次選手が代打で2試合連続安打を記録している。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の美馬学投手が6.2回121球9安打2四死球8奪三振2失点の力投も援護に恵まれず。打線も7回裏に1点を返したが、反撃はここまで。同カードは2敗1分で終わった。

  123456789 計
楽 100000100 2
ロ 000000100 1

楽 ○藤井聖-西口直人-宋家豪-S安樂智大
ロ ●美馬学-田中靖洋-ゲレーロ-中村稔弥

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】藤井聖 プロ初登板の初回を3者凡退に抑える!
【動画】藤井聖 プロ初奪三振!
【動画】西川遥輝 先頭打者ホームラン!
藤井聖投手ら新人王の有資格選手を特集

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM