延長11回裏に紅林弘太郎がサヨナラ打! オリックスが鷹にカード勝ち越し

2022.4.21(木) 22:13 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・紅林弘太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・紅林弘太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月21日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第6回戦は、3対2でオリックスが勝利。劇的なサヨナラ勝利でカード勝ち越しを決めた。

 オリックスは先発の田嶋大樹投手が立ち上がりから毎回走者を背負いながらも、要所を締める投球を披露。4回表には無死2塁から無失点に抑え込むなど、福岡ソフトバンク打線に4回まで得点を許さない。

 しかし5回表、無死1塁から野村勇選手にプロ初アーチとなる2ランを浴び、中盤に差し掛かったところで先制点を奪われてしまう。打線は直後の5回裏、福岡ソフトバンク先発・千賀滉大投手を四球と安打で攻め立てて無死1、2塁のチャンスを得るも、後続が倒れて1点が遠い展開が続く。田嶋投手は6回を投げ切ったところで降板。7回表からは比嘉幹貴投手、村西良太投手、阿部翔太投手がそれぞれ無失点に抑えて味方の反撃を待った。

 すると9回裏、先頭の代打・野口智哉選手、1番・福田周平選手に連打が生まれ、無死1、2塁の絶好機を演出。さらに犠打と四球で1死満塁と好機を拡大させると、迎えた4番・吉田正尚選手が直球をライト前に弾き返し、2者が生還。最終回で同点に追い付いた。

 土壇場で試合を振り出しに戻したオリックスは、10回表に登板した平野佳寿投手が2死2塁の場面をしのぐと、11回表はビドル投手が2つの四球などで2死2、3塁のピンチを招きながらも無失点に抑え込む。

 すると直後の11回裏、1死から福田選手が安打で出塁。2番・西野真弘選手が犠打を決めて2死2塁とすると、3番・紅林弘太郎選手が放ったレフトへの当たりで2塁から福田選手が生還し、3対2でサヨナラ勝利を収めた。

 勝利したオリックスは、先発の田嶋投手が6回2失点と粘りの投球で試合をつくると、6投手の継投で点差を保ち、終盤の逆転劇につなげた。一方の敗れた福岡ソフトバンクは、完封ペースだった千賀投手が9回裏に乱調。最後はモイネロ投手がサヨナラ打を浴び、カード勝ち越しとはならなかった。
 
  1234567891011 計
ソ 00002000000  2
オ 00000000201X 3

ソ 千賀滉大-又吉克樹-●モイネロ
オ 田嶋大樹-比嘉幹貴-村西良太-阿部翔太-平野佳寿-○ビドル

文・和田信

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】勝負を決めた!紅林弘太郎のサヨナラタイムリー!
【動画】土壇場での一打!吉田正尚の同点タイムリー!
【動画】9回裏の同点につなげた!阿部翔太の好リリーフ!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM