石川柊太が7回無失点の好投! 白熱の投手戦を制した福岡ソフトバンクが勝利

2022.4.19(火) 20:39 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月19日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第4回戦は、3対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは、石川柊太投手が先発。初回を無失点に抑えるが、2回裏は四球と内野安打などで1死満塁のピンチを迎える。しかし続く打者を併殺打に打ち取り、先制点を与えなかった。その後は力強い速球とカーブを淡々と投げ込み、テンポを取り戻すと5回までを無失点に封じる。

 一方の打線は6回表、ここまで抑えられていた山本由伸投手から連打で1死1、3塁とチャンスをつくると、悪送球の間に1点を先制する。なおも1、3塁の場面は続くと、次打者の内野ゴロが再び相手のエラーを誘い込み、2対0とリードを広げた。

 援護を貰った石川投手は、その後も好投を続け、7回2安打10奪三振無失点の内容で降板。8回からは継投に入り、2番手・又吉克樹投手が走者を出すも、無失点でつないだ。打線は9回にも1点を追加し、リードは3点に。9回はモイネロ投手が登板し、3者凡退でシャットアウト。福岡ソフトバンクが勝利した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が7回無失点の快投で今季初勝利。先発の役割をしっかりと果たし、チームの連敗を「2」で止めた。打線では、牧原大成選手が猛打賞1盗塁の活躍。打線を活気づける好機を演出した。

 一方敗れたオリックスは、先発の山本投手が8回6安打7奪三振2失点(自責点1)の熱投を披露するも、守備のミスも響き、昨季から続いていた自身の連勝は「18」で止まった。打線では、野口智哉選手がプロ初安打を記録するも、チーム全体では3安打と沈黙した。

  123456789 計
ソ 000002001 3
オ 000000000 0

ソ ○石川柊太-又吉克樹-Sモイネロ
オ ●山本由伸-村西良太

文・村井幸太郎

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】石川柊太 初回から力強い投球で2つの三振を奪う!
【動画】野口智哉 スタメン起用に応えるプロ初安打!
【Monday パ】データと動画で見る、佐々木朗希の超人的な投球!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM