来日初登板のスミスが7回無安打の快投。愛斗の2試合連続弾で埼玉西武が勝利

2022.4.19(火) 20:54 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・スミス投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・スミス投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月19日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第4回戦は、4対0で埼玉西武が勝利。完封リレーで連敗を「2」で止めた。

 埼玉西武の先発は、来日初登板のスミス投手。初回に2三振を奪う上々の立ち上がりを見せると、3回までパーフェクトピッチングを披露。4回表に四球でこの試合はじめての走者を背負ったが、以降も無安打投球を継続し、7回無安打1四球5奪三振無失点の快投でマウンドを降りた。

 打線は2回裏、外崎修汰選手の安打と呉念庭選手の四球で1死1、2塁とすると、2死から愛斗選手が2試合連続となる2号3ランを放ち、3点を先制。6回裏にはオグレディ選手、山川穂高選手の連打などで1死1、3塁から、呉念庭選手の犠飛で追加点を挙げ、スコア4対0で試合は終盤へ。

 以降は8回表を平良海馬投手、9回表を増田達至投手が締めて試合終了。勝利した埼玉西武は、スミス投手が来日初勝利をマーク。打線では愛斗選手が2安打3打点の活躍を見せた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発した小島和哉投手が6回6安打2四死球3奪三振4失点の内容。打線は8回表に菅野剛士選手がチーム初安打を放ったが、この1安打のみに終わった。

  123456789 計
ロ 000000000 0
西 03000100X 4

ロ ●小島和哉-小沼健太-ゲレーロ
西 ○スミス-平良海馬-増田達至

文・東海林諒平

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
スミス投手の特集動画をチェック
【動画】愛斗の2試合連続の2号先制3ラン
【動画】本日昇格の菅野剛士がチーム初安打を放つ
埼玉西武がパ公式戦では86度目となるトリプルプレーを記録! 過去の動画を振り返る

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM