【ファーム】引地秀一郎が6回1安打0封。釜元豪の1号2ランなどで東北楽天が勝利

2022.4.19(火) 15:56 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・釜元豪選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・釜元豪選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月19日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた東北楽天と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第3回戦は、5対0で東北楽天が勝利した。

 東北楽天先発の引地秀一郎投手は、打たせて取るテンポの良い投球で、4回まで2塁を踏ませない好投を披露。5回表に四球と内野安打で2死1、2塁と得点圏に走者を背負ったが、ここも難なく後続を中飛に打ち取った。引地投手は続く6回表を3者凡退に抑え、6回81球1安打3四球1奪三振無失点でマウンドを降りた。

 打線は初回に武藤敦貴選手、茂木栄五郎選手の連打などで1死2、3塁から、マーキ選手の犠飛で1点を先制。以降は相手投手陣を攻略できずにいたが、8回裏に打線がつながった。先頭の黒川史陽選手が安打で出塁、マーキ選手の犠打で2塁へ進み、代打・岩見政暉選手の適時三塁打、小郷裕哉選手の犠飛で2点を追加。続く安田悠馬選手が四球を選ぶと、釜元豪選手に1号2ランが生まれ、5対0と大きく突き放す。

 投手陣は7回以降を小峯新陸投手、高田萌生投手がそれぞれ3者凡退でつなぐ。9回表は釜田佳直投手が登板、2安打と四球で1死満塁のピンチを招いたが、後続を2者連続三振に仕留め、試合終了。

 勝利した東北楽天は、引地投手が今季初勝利をマーク。打線では、この試合で復帰した岡島豪郎選手が2打数1安打、安田悠馬選手が1打数1安打と順調な回復ぶりを見せた。

  123456789 計
ヤ 000000000 0
楽 10000004X 5

ヤ ●市川悠太-星知弥-コール-柴田大地
楽 ○引地秀一郎-​​小峯新陸-高田萌生-釜田佳直

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】釜元豪 今季第1号2ランホームラン
【動画】岡島豪郎の復帰後初安打
【動画】安田悠馬 復帰後初打席で安打を放つ
【動画】茂木栄五郎の軽快な守備

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM