【ファーム】野口智哉が一時逆転の1号2ランも、投手陣が粘れず引き分けに終わる

2022.4.15(金) 16:36 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 野口智哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 野口智哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月15日、杉本商事バファローズスタジアム舞洲で行われたオリックス対中日のウエスタン・リーグ公式戦第4回戦は、4対4でオリックスが引き分けた。

 オリックスの先発は田嶋大樹投手。初回から切れ味鋭い変化球が低めに決まり、中日打線を抑える。田嶋投手は2回26球1安打3奪三振無失点の内容で降板した。

 打線は2回裏、先頭の5番・池田陵真選手が四球を選び出塁すると、6番・山中尭之選手が安打でつないでチャンスを拡大する。1死満塁から、9番・大里昂生選手の犠飛で1点を先制。さらに1番・小田裕也選手が適時打を放ち、中日先発の笠原祥太郎投手から2点を奪った。

 3回表からは、ワゲスパック投手が登板。四球を与えてピンチを招くと、加藤翔平選手に犠飛を許して1失点。4回表にも四球と安打で無死1、3塁とされると、福田永将の犠飛で同点に。さらに7回表から登板した3番手・海田智行投手が2死1、3塁と攻められると、渡辺勝選手に適時打を打たれて逆転を許した。

 一方の打線だが、3回以降は中日投手陣の前に無得点が続く。しかし7回裏、2死から園部佳太選手が二塁打で出塁すると、3番・野口智哉選手が逆転となる1号2ランを放つ。スコアを4対3として試合は終盤へ。

 逆転してもらった投手陣だが、8回表から登板した4番手・富山凌雅投手が二塁打とパスボールで無死3塁とされると、郡司裕也選手の内野フライで3塁走者が生還。終盤に再び追い付かれる。9回表は近藤大亮投手が登板。中日打線を完璧に抑える好投で流れをつくったが、味方打線が得点できず延長戦に突入した。

 10回表は中田惟斗投手が3者凡退に抑える。10回裏の打線は4番・来田涼斗選手から始まる好打順だったが、無得点に終わって試合終了。オリックスは野口選手の本塁打で一時逆転に成功したが、投手陣が粘れず引き分けに終わった。先発した田嶋投手は順調な調整ぶりを見せた。

  12345678910 計
中 0011001100 4
オ 0200002000 4

中 笠原祥太郎-松木平優太-佐藤優-橋本侑樹-谷元圭介-マルク
オ 田嶋大樹-ワゲスパック-海田智行-富山凌雅-近藤大亮-中田惟斗

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】田嶋大樹 投球を動画でチェック
【動画】野口智哉 1号2ランはこちら
【動画】近藤大亮が3者凡退に抑える好投!
【ウィークリーファーム2022 #4】二軍の注目シーンをお届け!

関連チーム記事/TEAM